光文社知恵の森文庫
「古事記」入門―図解とあらすじでよくわかる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334786021
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0121

内容説明

天岩戸、天孫降臨、稲羽の素兎、ヤマトタケル…本当はどんな物語だったのか?ヤマト政権はどのように確立したのか?本書は、現存する日本最古の歴史書『古事記』を、図解とあらすじですっきり解説。日本人なら知っておきたい数々の神話や古代史の基本トピックが、この一冊ですべてわかる。旅のヒントにもなる古代遺跡や神社のガイド付き。

目次

序章 『古事記』の誕生
第1章 高天原の神々
第2章 オオクニヌシ神話
第3章 天孫降臨と日向三代
第4章 ヤマト政権の誕生
第5章 英雄たちの戦い
第6章 動乱の時代から日本誕生へ

著者等紹介

瀧音能之[タキオトヨシユキ]
1953年、北海道生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。文学博士。現在、駒澤大学文学部歴史学科教授。島根県古代文化センター客員研究員。日本古代史、特に『風土記』を基本史料とした地域史の研究を進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。