光文社文庫 光文社時代小説文庫<br> 寵臣―鬼役〈23〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

光文社文庫 光文社時代小説文庫
寵臣―鬼役〈23〉

  • 坂岡 真【著】
  • 価格 ¥648(本体¥600)
  • 光文社(2017/12発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに426冊在庫がございます。(2017年12月11日 17時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334775773
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

将軍家慶の側に仕える御小姓頭取が乱心した。事件の責任をとって、小姓を束ねる立場の御小姓組番頭・橘右近は逼塞処分に。将軍の毒味役を務める矢背蔵人介は、この乱心が、橘を陥れる策謀だと見抜き、背後の敵を探り始めた。しかし、橘と蔵人介は命を狙われ、矢背家にも討手が向かう。そして、橘は、幕閣の糾弾に命をかけた訴えに出たが―。滂沱の第二十三弾。文庫書下ろし長編時代小説。

著者紹介

坂岡真[サカオカシン]
1961年、新潟県生まれ。11年の会社勤めを経て文筆の世界へ。時代小説を描く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

矢背家への襲撃が激化する。はたして、その黒幕は? そして、ラストに慟哭の一幕が!シリーズを支えてきた主要人物が死す!