光文社文庫<br> 東京近江寮食堂

個数:
電子版価格 ¥702
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社文庫
東京近江寮食堂

  • 提携先に69冊在庫がございます(2017年12月17日 21時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334775421
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

定年退職を間近に控えた妙子は、十年前に消えた夫の行方を探すため東京にやってきた。慣れない土地でのひょんなトラブルから、谷中にある宿泊施設、近江寮にたどりつく。個性的な管理人や常連客の貧しい食生活を見かねた妙子は彼らの食事を作り始めるが、その料理はやがて人々を動かし、運命を変えていく。そして彼女自身も―。おいしくてせつない、感動長編。

著者紹介

渡辺淳子[ワタナベジュンコ]
滋賀県生まれ。看護師として病院等に勤務。「父と私と結婚と」で第3回小説宝石新人賞を受賞しデビュー。受賞作を改題した「私を悩ますもじゃもじゃ頭」を収録した『もじゃもじゃ』(光文社文庫)が注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

定年を迎え十年前に消えた亭主の行方を追い上京した妙子は<谷根千>にある近江寮で料理を作ることに…。心温まるストーリー。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件