光文社古典新訳文庫<br> アンクル・トムの小屋〈上〉

個数:
電子版価格
¥1,298
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
アンクル・トムの小屋〈上〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月13日 14時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 518p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754754
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

正直で有能、分別と信仰心を持つ奴隷頭のトムは、ケンタッキーのシェルビー農園で何不自由なく暮らしていたが、主人の借金返済のために、奴隷商人に売却されることに。トムが家族との別離を甘受する一方、幼子を売られることになった女奴隷イライザは、自由の地カナダへの逃亡を図る。

目次

人道を謳う奴隷商人
母親
夫として、父として
アンクル・トムの小屋の夕べ
売られた奴隷の心情
逃亡発覚
母の苦闘
イライザの逃亡
上院議員もやはり人の子
売られていくアンクル・トム
動産、よからぬ考えを抱く
合法的取引の実態
クエーカー入植地
エヴァンジェリン
トムの新しい主人のことなど
新しい奥様の言い分
自由黒人の防戦
オフィーリア嬢の経験と見解

著者等紹介

ストウ,ハリエット・ビーチャー[ストウ,ハリエットビーチャー] [Stowe,Harriet Beecher]
1811‐1896。コネチカット州リッチフィールドで、神学者の父と、教養人の母の間に生まれる。1851年に週刊新聞に小説「アンクル・トムの小屋」を連載開始。翌年に二巻本として刊行されると、1年で30万部という当時としては異例のベストセラーとなる

土屋京子[ツチヤキョウコ]
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まふ

97
ケンタッキーの奴隷アンクル・トムは優しいが無能な主人シェルビーに売られてニューオーリンズの富豪サンクレアの家に住む。主人のオーガスティンは優しいが成り行き任せ、奥さんマリーは奴隷を当たり前のように扱う病弱の人、主人は家政婦として北部のしっかり者の従姉オフィーリアに来てもらう。娘のエヴァンジェリンは天使のようだ。一方奴隷の美男美女ジョージとイライザは奴隷商人から逃げてクエーカー教徒の保護の下自由人と宣言するが警官を含む追手に追いかけられ何とか危機を脱する。さて下巻は。2023/06/23

優希

42
奴隷という習慣があった時代を突きつけられたようでした。奴隷の売り買いが日常茶飯事だったのでしょうね。下巻も読みます。2023/05/17

ブラックジャケット

12
奴隷制問題で揺れていた南北対立時に出版され、大きな反響を生んだ古典。現代の眼で見れば、白人に従順なトムの描写はNGなのだが、奴隷が商品として流通していた時代を考えれば、むやみに批判してもしょうがない。ケンタッキー州は、まだ南部の農場のような苛酷な労働でないが、肝心の シェルビー家が傾き、苛酷は奴隷商人にアンクル・トムとイライザと彼女の息子ハリーが売られた。イライザの夫のジョージは別の農家に売られていたが、彼も自由の国カナダへ逃亡した。逃亡奴隷と売られていくトムたち。黒い商品たちの運命はいかに。下巻に。 2023/11/06

Vincent

9
アンクル・トムとジョージ・ハリス一家の二つのストーリーが描かれていきます。主人公アンクル・トムを筆頭にキャラクターの造形がとくに素晴らしい。BLMに連なる人種差別ものの長篇小説として異次元の質の高さでしょう。下巻へ。2023/04/09

そうたそ

4
★★★☆☆ 感想は下巻にて。2023/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20641985
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。