光文社古典新訳文庫<br> モーリス

個数:
電子版価格 ¥1,122
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
モーリス

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年10月16日 22時09分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 456p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753788
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報



フォースター[フォースター]
著・文・その他

加賀山卓朗[カガヤマ タクロウ]
翻訳

内容説明

凡庸な少年時代から、モーリスは自分の願望を知ってはいた。ケンブリッジ大学の学舎で知的なクライヴと懇意になり、戯れに体が触れあううち、彼の愛は燃え上がる。クライヴもまた愛の言葉を口にするが…欲望のままに生きることが許されない時代に生きる青年の苦悩と選択を描く。

著者等紹介

フォースター,E.M.[フォースター,E.M.] [Forster,Edward Morgan]
1879‐1970。英国の小説家。ケンブリッジ大学キングズ・カレッジ卒業。1969年には、英国でもっとも名誉とされるメリット勲章を受章した

加賀山卓朗[カガヤマタクロウ]
1962年生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

99
同性愛者であったフォスターが自身の為に描いた物語。フォスターは、貴族が異国の人や階級が違う人との愛をテーマにした物語をよく、執筆している。それは人と人との愛が噛み合い、愛し合える美しさと困難さ、それに対する不断な努力の必要だという事を知っていたからかもしれない。モーリスが本質に気づくきっかけになったクライヴがその愛を拒むようになった理由が曖昧としているのがより、遣る瀬無い。また、アレックがモーリスを脅迫する場面は、階級によって無視される使用人の哀しみと憤りだけでなく、愛した相手に拒まれる辛さを感じてしまう2019/01/08

ペグ

81
同性愛について聖書では「口にするのも憚られる罪」とされているとのこと。モーリスの相手クライヴはケンブリッジ在学中、プラトン的友愛関係を体感したかっただけで、実は異性愛者だったのでは?と思ったりした。明晰で理想主義的なクライヴが政治に走り、凡庸で俗物らしいと表現されていたモーリスが自らの意思に忠実な生き方を選ぶ皮肉。書かれてから57年後に出版された。犯罪とされた同性愛を描いた名作。2018/06/29

syaori

60
同性愛者であるモーリスの半生を描いたこの小説が書かれたころ、英国では同性愛は違法だったそう。そんな時代に、当時を舞台にハッピーエンドを必須として書き始められた本作はどこかお伽噺めいているようにも思えます。クライヴとの恋は自分の過去を暴かれるような落ち着かなさがあったのですが、アレックとの恋は彼らが消える緑の森のイメージとともにとても幻想的。しかしだからこそ、ここには同性愛の物語を超えた普遍的なものが浮かび上がっているのだと思います。例えば愛の達成する美しさと優しさが、そのために抱えなければならない苦悩が。2018/08/21

星落秋風五丈原

49
モーリスが探していたレコードがチャイコフスキーというのも象徴的。クライヴが告白し、後にモーリスが告白して拒絶されてからの寝室のモーリス、クライヴへの想いが消えないモーリスが彼の屋敷に滞在して夜窓を開け、「来い!」と叫んだ途端にある人物がやって来る場面など、小説ではやはり恋愛描写が美しい。社会と宗教と家族と法律、周り全てが同性愛を禁じる中で、自分を殺すに等しい想いとどう向き合って生きていくのかを、若者達が選び取っていく物語。同性愛が犯罪と看做された時代、著者の死後に刊行。映画公開により一大ブームが起こる。2020/02/25

ぺったらぺたら子 

20
待望の新訳にて再読。ゲイ文学である以上に、愛の物語として、無垢な人間性の復権の物語として読みたい。髪が花粉だらけになるところが、文明社会から「無法者」として排斥される立場にいながらも、実は生殖のサイクルたる自然と交歓し、迎え入れられているという事なのである。そしてモーリスは自らの偏見を解き放ち、自然な考えを受粉するのだ。繁殖や生産性だけが人間の、自然の目的ではない。多様さの共鳴する場こそが自然なのだ。名作古典として普通に本屋に並ぶのがとても嬉しい。さあ読後は窓に叫ぼう、「来い!」 2018/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12918737

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。