光文社古典新訳文庫<br> 世界を揺るがした10日間

個数:

光文社古典新訳文庫
世界を揺るがした10日間

  • ウェブストアに276冊在庫がございます。(2017年11月18日 13時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 文庫判/ページ数 748p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753658
  • NDC分類 238.07
  • Cコード C0198

内容説明

1917年11月。ロシア革命のさなか、若きジャーナリスト、ジョン・リードが、革命の指導者から兵士、農民、さらには反対派までを取材し、冬宮の占拠など刻一刻と変動する革命の緊迫した現場を臨場感あふれる筆致で克明に描いた20世紀最高のルポルタージュ。ロシア革命100周年企画第2弾!

目次

背景
嵐の予感
前夜
臨時政府の崩壊
がむしゃらに前へ
祖国・革命救済委員会
革命の最前線
反革命
勝利
モスクワ
権力の掌握
農民大会

著者紹介

リード,ジョン[リード,ジョン] [Reed,John]
1887‐1920。アメリカのジャーナリスト。大学を卒業後、労働争議や社会問題についての記事を月刊誌に寄稿するなどジャーナリストとして活動を始める。メキシコ革命を取材した『反乱するメキシコ』(1914年刊)で名を挙げ、第1次世界大戦も特派員として取材。1917年9月に今度はロシアに向かった。帰国後、諜報活動取締法でたびたび起訴されたがいずれも無罪となり、ようやく’19年3月本書を書きあげた。8月にはアメリカ共産労働党の関係で再びロシアに渡ったが、チフスに罹患。32歳の若さで死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

アメリカの若きジャーナリスト、ジョン・リードが目撃した「ロシア10月革命」の真相を著したルポルタージュの古典