光文社古典新訳文庫<br> 世界を揺るがした10日間

個数:
電子版価格 ¥1,353
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
世界を揺るがした10日間

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月26日 19時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 748p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753658
  • NDC分類 238.07
  • Cコード C0198

出版社内容情報

アメリカの若きジャーナリスト、ジョン・リードが目撃した「ロシア10月革命」の真相を著したルポルタージュの古典

内容説明

1917年11月。ロシア革命のさなか、若きジャーナリスト、ジョン・リードが、革命の指導者から兵士、農民、さらには反対派までを取材し、冬宮の占拠など刻一刻と変動する革命の緊迫した現場を臨場感あふれる筆致で克明に描いた20世紀最高のルポルタージュ。ロシア革命100周年企画第2弾!

目次

背景
嵐の予感
前夜
臨時政府の崩壊
がむしゃらに前へ
祖国・革命救済委員会
革命の最前線
反革命
勝利
モスクワ
権力の掌握
農民大会

著者等紹介

リード,ジョン[リード,ジョン] [Reed,John]
1887‐1920。アメリカのジャーナリスト。大学を卒業後、労働争議や社会問題についての記事を月刊誌に寄稿するなどジャーナリストとして活動を始める。メキシコ革命を取材した『反乱するメキシコ』(1914年刊)で名を挙げ、第1次世界大戦も特派員として取材。1917年9月に今度はロシアに向かった。帰国後、諜報活動取締法でたびたび起訴されたがいずれも無罪となり、ようやく’19年3月本書を書きあげた。8月にはアメリカ共産労働党の関係で再びロシアに渡ったが、チフスに罹患。32歳の若さで死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マエダ

87
十一月革命の克明な報告でありそれ以上でも以下でもないという本書、社会主義や当時の情勢を知れ、呼吸が聞こえてきそうな生々しい描写が良い。2017/12/19

藤月はな(灯れ松明の火)

85
農民や労働階級の為に、平等でより良い国を。ロシアは大国に支配権を握られず、資本主義によって分断されない国を生み出そうとしていた。その革命の産声や入り乱れる党、当時の人々の熱狂と奔走が伝わるルポタージュ。終わりが見えない中で少ない備品でドイツと戦う事に疲弊し、閣僚への不信感を募らせる兵士達の訴えが悲痛だ。そして右派・左派共、自分が属する組織とは真逆の思想を訴える組織には徹底的に自分達の理論を強調し、糾弾する姿勢は今も昔も変わらない。だが士官候補生への虐殺に怒り狂う電話交換手の女性陣にたじたじになる労働者の姿2020/05/07

ころこ

38
著者もこの本も全く知りませんでした。著者はジャーナリストとなっていますが、今でいうアクティビストではないでしょうか。全く公平ではないし、ロシアの11(10)月革命という一部しか描かれていない割には冗長でした。しかしまず驚くのが、著者が若干31歳の時に書いたということと、僅か32歳で死んだということです。歴史の本が多く出版されても、なお本書が読み継がれているのは、この著者の熱気とそれが一瞬の輝きだったということが文章で伝えられてきたからではないでしょうか。著者ジョン・リードと妻であり文筆家であるルイーズ・ブ2021/06/11

小波

24
ロシア革命のことを知らないで読むには不向きな本でした。もっと違う本で勉強してから読めばよかった。(…が何を読んでいいかわからない。)著者の私的な見解なのか、なんだか…わからない箇所が多々あり。もっとちゃんと前提知識があれば、楽しく読めたと思うので、またいつかリベンジしたい。2021/06/23

seki

21
アメリカ人ジャーナリストによるロシア革命の迫真のルポタージュ。古典的名著とも言われるが、内容は俯瞰的に整理されておらず、とにかく読みづらい。しかしながら、革命の息づかいがリアルに描写されており、当時の感覚的なものが伝わってくる。様々な身分、労働階級が入り混じって展開する革命の混乱具合は想像を絶した。彼方此方で行われる政治家、民衆の熱い演説会。国家とは誰のためにあるのか考えさせられた。次回は、もっと基本的な知識を入れてから読もうと思う。2020/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12451546

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。