光文社古典新訳文庫<br> 郵便配達は二度ベルを鳴らす

個数:
電子版価格 ¥913
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
郵便配達は二度ベルを鳴らす

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月24日 14時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 243p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752958
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

街道沿いのレストランで働き始めた俺は、ギリシャ人店主の美しい妻コーラにすっかり心を奪われてしまった。やがて、いい仲になった彼女と共謀して店主殺害を計画するが…。緻密な小説構成の中に、非情な運命に搦めとられる男女の心情を描きこんだ名作。

著者等紹介

ケイン,ジェイムズ・M.[ケイン,ジェイムズM.] [Cain,James M.]
1892‐1977。アメリカ・メリーランド州で教育者の父とオペラ歌手の母との間に生まれる。大学卒業後、ジャーナリストとして活躍し、「ニューヨーク・ワールド」紙の風刺的な社説などが人気となる。1930年、政治エッセイ『われらの政府』を出版。その後ハリウッドに転居して映画の脚本家を目指すも成功せず、以降は小説家として身を立てることになる。1934年の初長篇『郵便配達は二度ベルを鳴らす』が大ベストセラーとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sin

112
内容は知らない…知らなかったが、知識としてあった映画の予告の不倫と殺人というセンセーショナルな煽り文句に抱いていたものとは違って、出会って訳も分からずに惹かれあい落ちていく男女の心の叫びを感じた。彼と彼女が望む世界では二人だけしか存在を意識してはいないが、犯罪というファクターを通した瞬間に社会がその大きな口を開けて待っていた。男はそれに呑み込まれてしまったかのようだ。◆英ガーディアン紙が選ぶ「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊を読破しよう!http://bookmeter.com/c/3348782017/01/21

藤月はな(灯れ松明の火)

64
ハヤカワ文庫版の記憶と照らし合わせて再読。こっちの訳の方がニックの心理状態は細かい描写がされていない分、コーラのギリシャ人の夫への嫌悪感や倦怠感、現実感のないニックへの失望、茫漠とした夢を諦めきれない希望などが伝わってくるように感じました。ただ、解説のフロイトによる深層心理に絡めて作品を分析するのという野暮なことだけは止めてほしかった!2014/08/05

里愛乍

59
新潮版を読んだ直後にこちらも読了。内容に違いはないけど、登場人物たちの会話が口調が、新潮版の方がちょっと砕けてる感じ。そのせいか、こちらは少し上品みを感じてしまって、同じように思慮ない行為を犯す彼らであっても、矢張り印象は少し違ったものとなりました。読むまでは「完全犯罪」「不倫」このふたつのワードだけ、それにこのタイトルから自分的想像ストーリーが導き出されてはいたんですが、それは笑えるほど実際とは程遠いものでした。どんなものだったのかは想像にお任せします・・・2017/05/17

ach¡

56
郵便配達夫のマディソン郡的なお話ざんしょ?と思いきや…まさかの、ね(笑)二度目のベルは無視したくても出来ないんだぞぞぞ!というシニカルなタイトルが後からジワるジワる。恋愛小説としても、ミステリとしても、どちらでもいける両刀感がパない。緻密な構成にして無駄のない展開も小気味よいのなんのっ(°_°)頁数も少ないため、まるで映画を観るかのよう。俺の一人称で語られるくせ、女の閉塞感も心の機微も手にとるようにわかるわかる。(私が女だからか?)恋愛の儚さ、もろさ、やるせなさも後からジワるジワる。あえて2回言いました2016/04/14

mii22.

50
【ガーディアン1000チャレジ】前半は分かりやすい展開だ。美しい人妻に心奪われた流れ者の男が、いい仲になった人妻と共謀して夫を殺そうと計画をする。短絡的な話だが、テンポのよい会話でスルスルと割と楽しく読めてしまう。しかしもう少し心情が細かく描かれていてもいいのではと物足りなさも感じた。事件が発覚しからは、お互いが疑心暗鬼となり、徐々に心が壊れていく様子がハラハラとして先が読めない展開で面白かった。2016/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8173178
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。