光文社古典新訳文庫<br> 神学・政治論〈上〉

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
神学・政治論〈上〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年10月26日 17時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 454p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752897
  • NDC分類 135.2
  • Cコード C0197

内容説明

現代において重要性を増す“危険な”思想家スピノザの神髄。「思想・言論・表現の自由」をどう守り抜くか?『エチカ』と並ぶスピノザの主著、70年ぶりの待望の新訳!

目次

第1章 預言について
第2章 預言者について
第3章 ヘブライ人たちの「お召し」について。また預言とは、ヘブライ人たちだけに独自に与えられた贈り物だったかについて
第4章 神の法について
第5章 さまざまな儀礼が定められた理由について。また、歴史物語を信じることについて。つまり、そういう物語を信じることはどういう理由で、また誰にとって必要なのかについて
第6章 奇跡について
第7章 聖書の解釈について
第8章 この章では、モーセ五書やヨシュア記、士師記、ルツ記、サムエル記、列王記は本人の著作ではないことを示す。その後これらすべてについて、著者は複数いたのか、一人だけだったのか、また誰だったのか探究する
第9章 同じ各巻について、別の問題が取り上げられる。エズラはこれらの巻に最終的な仕上げを施したのか、またヘブライ語の聖書写本に見られる欄外の書き込みは異本の読みだったのか、といった問題である

著者等紹介

スピノザ[スピノザ] [Spinoza,Benedictus de]
1632‐1677。オランダ・アムステルダム生まれの哲学者。父母ともポルトガルから迫害を逃れてきたユダヤ人で、父はユダヤ人居住区で貿易商を営んでいた。父の死後弟と2人で家業を継ぐが、思想・宗教上の理由でユダヤ人共同体から破門を宣告され、経営権を弟に譲り隠居。以後、オランダ各地でつつましい生活を送りながら、独自の哲学を築き上げた。1670年、『神学・政治論』を匿名で刊行するが、数年後に禁書処分となる。晩年に完成した主著『エチカ』は、当局の監視が厳しく、刊行を断念

吉田量彦[ヨシダカズヒコ]
1971年茨城県水戸市生まれ。慶應義塾大学文学部、同大学院文学研究科を経て、ドイツ・ハンブルク大学にて学位取得(哲学博士)。17・18世紀の西洋近代哲学を専攻。2011年より、東京国際大学商学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

巨峰

39
途切れ途切れに読んだのだが、本当はもっと一気呵成に読んだ方がこの本を読む上では良かったかも。この本の内容を理解するためのキリスト教的教養に著しく欠けている私ではありますが、作者の生没年をみてかえりみると、科学的理性に貫かれているのに驚く。スピノサは聖書界の古田武彦と言っておきたい。2015/12/13

ころこ

31
我々近代人は『神学・政治論』の内、政治論のために前半を紐解いたはずです。目次をみると、どうやら第16章位にならないと政治の話は出てこない。しかも、『エチカ』をはじめとするスピノザの思想にとって、聖書解釈は重要ではない。とすれば、前半は読む意義に乏しい。ということで、大半を飛ばしました。せっかくの新訳が、後半が読まれないことになるのは勿体ないので、後半に労力を割きましょう。2021/06/06

壱萬弐仟縁冊

26
1670年初出。悲惨な状況におかれているからこそ、民衆はどこにも長く安らいではいられない。民衆に最も歓迎されるのは、新しいもの、裏切られたことのないものに限られる(34頁)。民衆は迷信にとらわれやすく、永遠そのものよりも時の遺物を好むから神の言葉それ自体よりも聖書の各巻を崇拝しがちなので、そこからさまざまな先入見が生じてきた(45頁~)。ものごとを判断する自由と、信仰の根拠を自分の好むように解する権利は、どんな人にも保障されなければならない(47頁)。 2015/01/14

chanvesa

19
「法の世界」と「魂の世界」を峻別し(223頁)、後者の原則である宗教を、自由に解釈・判断することを幸福の条件としている(355頁)。一方、「人間にとって本当の幸福は真実を知ること(146頁)」としているが、この真実とは、「自分自身の内に含む神の本性(56頁)」に迫ることなのかもしれない。また、「法の世界」を単に「魂の世界」との対比するのではなく、ホッブス的自然状態の解消としての役割が強調される(232頁)。このバランス感覚は「自分を自然に従わせようと努めている哲学者(275頁)」にこそ見出だすのだろうか?2015/03/10

小波

16
もっと漠然とした哲学書なのかと思っていましたが…聖書学の本かと思うほど、丁寧に聖書を紐解き真の信仰について語られた本でした。これをすんなりと読めてしまうのは、やはり日本人だからでしょうか?宗教(ここではキリスト教)に対して先入見があまり強くないことは、ある意味で良いことなのかもしれないと、本書を読んで感じた。既成概念は物事の本質を見定める障壁になるな、と…。信仰こそ明晰な思考態度によって真に体現できるのかもしれない。2020/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8082108

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。