光文社古典新訳文庫<br> 論理哲学論考

個数:
電子版価格 ¥913
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
論理哲学論考

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 35,1/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752842
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0197

内容説明

「語ることができないことについては、沈黙するしかない」「私の言語の限界は、私の世界の限界を意味する」「(倫理「学」と美「学」は、ひとつのものである)」―世紀転換期ウィーンの聖典、20世紀哲学の金字塔。

著者等紹介

ヴィトゲンシュタイン,ルートヴィヒ[ヴィトゲンシュタイン,ルートヴィヒ] [Wittgenstein,Ludwig]
1889‐1951。哲学者。オーストリア=ハンガリー帝国のウィーンで、大富豪の家に生まれる。世紀転換期ウィーンの文化・思想・芸術のなかで育ち、言語批判の精神を身につける。機械に興味があり、リンツの実科学校に入学。数学の基礎に関心をもつようになり、イエナ大学のフレーゲを訪ね、ケンブリッジ大学のラッセルに教えを乞う。第一次世界大戦に志願兵として参戦。前線に配属され、イタリア軍の捕虜となる。前期の主著『論理哲学論考』(1922)によって哲学の問題を最終的に解決したと考え、哲学を捨てて約10年間、オーストリアの村で小学校の先生や、修道院の庭師、姉ストンボロー邸の設計などをしたあと、ふたたび哲学に戻り、ケンブリッジ大学で教えるなどしながら、新しく思索をつづけた

丘沢静也[オカザワシズヤ]
1947年生まれ。ドイツ文学者。首都大学東京名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

なかしー

82
この本は面白い。 本書は哲学を論理的に論考して、7つの命題に集約し、各命題について入れ子(階層)構造に解説を入れている。例えるなら7つの命題≒本の目次で、それらの解説≒各項や節になっている。なので読んでいると、片付いた部屋や整理整頓が行き渡った空間を眺めている様な爽快感がある。著者も「はじめ」に記しているが、本書を理解又は面白いと感じる人は本書の様な考え方をした事がある人と言うのは納得。プログラミングの論理構造が好き(IT系)、数学が好きな人(ザックリ理系)や整理整頓が好きな人はこの人の考え方は好きかも?2021/07/17

マエダ

51
横書きにされると少し読みづらい。2018/11/05

藤月はな(灯れ松明の火)

51
この世に存在する事象を記号に直した上でそれが真か偽か、それ以外の内包/外包事象なのかを言語化して突き詰めたヴィトゲンシュタイン。しかし、哲学の知識はほとんどなく、数学での「証明」が一番、苦手だった私としては全く、歯が立たず。最後の7「語ることができない事象に対しては、沈黙するしかない」だけは井上円了氏の「真怪」みたい。2017/04/04

テディ

49
「世界は、そうであることのすべてである。」「世界は、事実の総体である。事物の総体ではない。」から始まり「語る事ができないことについては、沈黙するしかない。」で完了する論考。七つの命題こそが基本主張だということになる。粒粒の命題が大きく輻輳されていく論理構成は斬新で新鮮に感じられた。事態を描写する命題の最小単位が要素命題であり、全ての命題は要素命題に真理演算を行った結果である。真理演算は、要素命題から真理関数が生まれるやり方。真理関数の理論は「哲学は言語批判を通じての活動」としたヴィトゲンシュタインらしい。2017/02/14

まさむ♪ね

41
過去に何度も挫折してる本。それなのに、なぜかまた読みたくなってしまう本。・・・はっ!ひょっとするとこれは恋?!あなたのその極限まで鍛え上げられた文章一つ一つが途轍もなく美しいと感じるのです。今回はもうなにがなんでも最後までついていこう(ストーカーか?)と思って、息も絶え絶えなんとか通読しました。むう、やっぱりわからん、わからんけど脳が震えるほど刺激されるのだ。うむ、また読みます。次回はもう少しヴィトゲン先生とお近づきになれるとよいのだけれど・・・。2015/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7882050

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。