光文社古典新訳文庫<br> 崩れゆく絆

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
崩れゆく絆

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 361p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752828
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

古くからの呪術や慣習が根づく大地で、黙々と畑を耕し、獰猛に戦い、一代で名声と財産を築いた男オコンクウォ。しかし彼の誇りと、村の人々の生活を蝕み始めたのは、凶作でも戦争でもなく、新しい宗教の形で忍び寄る欧州の植民地支配だった。「アフリカ文学の父」の最高傑作。

著者等紹介

アチェベ,チヌア[アチェベ,チヌア] [Achebe,Chinua]
ナイジェリア出身のイボ人作家。1930年、当時まだイギリス植民地であったナイジェリアに生まれ、熱心なキリスト教徒の両親に厳しく教育される一方、日常的には現地の文化や宗教儀礼に慣れ親しんだ。現地の、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・イバダン(現イバダン大学)で英語やラテン語、歴史などを学び、大学卒業後はナイジェリア放送協会に勤務。1958年『崩れゆく絆』がロンドンで出版されると、アフリカ諸国独立の機運のなか世界中で賞賛される。その後も長編、短編集などを立て続けに発表、「アフリカ文学の父」と称されるようになる。また、ナイジェリア東部州の独立をめぐる内戦(ビアフラ戦争)ではビアフラの大使を務める。1972年に渡米し、多くの大学で教鞭を執る。2013年3月死去

粟飯原文子[アイハラアヤコ]
ロンドン大学東洋アフリカ研究学院博士課程。神奈川大学非常勤講師。アフリカ文学専攻。文学作品のほか、アフリカの音楽や映画の研究も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

139
ナイジェリアの村、生活、習慣、信仰が、イギリスの入植によってどう変わっていったかを描いている。アフリカ諸国が欧州から次々と独立している頃に発表された作品で、作者のアチェベはアフリカ文学の父と呼ばれる。アフリカの現地の人による文学の黎明期に書かれたものという意味で、評価が高いのだと思う。作品として見た時に、オコンクウォの人物像や性格の形成が、はっきりしないところがあるような印象を受けた。欧州に壊されていく文化か、オコンクウォという人物の一生か、どちらかに特定した方が物語としては読みごたえがあったように思う2016/08/31

はっせー

127
面白かった! 何度かこの本を読もうと思ったが、何度も挫折してしまった。だが、今回は読みきることが出来た。内容はアフリカのイボ族の話である。アフリカの文化や歴史はあまり歴史の授業で触れられてこなかったため新鮮であった。タイトルにあるように昔ながらの村の絆が小説後半に一気に崩れてしまう。それも戦争でもなく飢餓でもなく、文明との接触によってである。この内容を読んで日本における黒船に似ているなと思った。またアフリカ文学を読みたいと思った!2019/06/05

扉のこちら側

110
2017年21冊め。【258/G1000】連綿と続く村の生活が、英国人の入植により変わっていく様子。それは「崩れゆく」のタイトルが象徴する、悲劇的な物だった。前半部分は部族の生活がこれでもかというくらい丁寧に描かれており、解説で指摘されているようにキリスト教伝来以前にも、彼らには彼らの文化的で秩序ある生活が営まれていたことがわかる。キリスト教の慈しみにより救いを見出す存在の一方で、物語の結末は悲劇。続編があるらしいがどうなっていくのだろうか。2017/01/09

はたっぴ

106
訳者のあとがきや解説をひっくるめて学びの多い読書で、冒頭から堅物なオコンクウォの苛烈な人生に引き込まれてしまった。アフリカの文化や慣習を読み解きながら、口伝えの民話を楽しみ、村の一族の〝崩れていく絆〟を不安な気持ちで見届けた。宗教、貿易、教育…表面的には平和な侵略だが、政治を持ち込んでからは明らかな民族支配となる。唯一、先住民との対話を求めた宣教師が、村の有力者と宗教論を語り合う場面が印象深く、村の秩序について理解と共感を深めた直後のあっけない結末(現実)にやり場のない憤りと虚しさを感じた。【G1000】2017/06/10

sin

96
自然と共に生きるすべを呪術信仰に昇華したアフリカ人と、民族の衝突と私利私欲により洗練された宗教を持つ白人の、各々の神の正当性の主張はその背景にある武力の差によって優劣を決定された。白人は博愛の神の代弁者として圧政を敷きアフリカの風習を野蛮として退けたが、悲しいかな主張の隔たりが或る場合のお定まりの成り行きとは云えないだろうか?解り合う努力を放棄して力で押さえつける安易さ…◆英ガーディアン紙が選ぶ「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊を読破しよう!http://bookmeter.com/c/3348782017/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7841454

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。