光文社古典新訳文庫<br> 詐欺師フェーリクス・クルルの告白〈下〉

電子版価格 ¥1,089
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
詐欺師フェーリクス・クルルの告白〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 409p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752378
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

出版社内容情報

実世界そのものではなく、パロディーを生きる天性の詐欺師の結末は……。超絶技巧の新訳で。

内容説明

クルルはある青年貴族の身代わりとなってリスボンに向かう。車中、古生物学者のクックック教授と同席し、地球の生命と宇宙の生成について講義を受ける。クルルは深い感銘を覚えるが、一方で教授の娘にも魅了され…。稀代の詐欺師クルルの身に、予想外の展開が。

著者等紹介

マン,トーマス[マン,トーマス][Mann,Thomas]
1875‐1955。リューベックの富裕な商家に生まれ、生家の繁栄と衰退を題材に『ブデンブローク家の人々』を執筆、世に出る。第二次大戦中はアメリカに亡命、戦後アメリカに起こった反共の気運を嫌ってスイスに移住。半世紀を超える執筆活動の中でドイツとヨーロッパの運命を深く考察し、過去の文学遺産を幾重にも織り込んだ独自の物語の世界を展開した。1929年、ノーベル文学賞受賞

岸美光[キシヨシハル]
1948年、埼玉県生まれ。元・東京都立大学教授。ドイツ文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

8
「自己閉鎖的で引き籠りを好む私の生得の傾向、孤独と距離と留保にこだわる内面性」(31ページ)。人間、誰しも孤独。今、ひきこもりとかニートとか言われている人も、今は非難されているが、いつかは、そういう連中を見返してやればいい。人生に充電期間は必要だから。「創意工夫に富む人生は、何とまあ見事に、子供の頃の夢を実現させるものだろうか」(137ページ)。常に「向上心」をもって取り組むことの意義。私の中学時代のクラス目標だったのを想起。反面教師の内容なら、ぁぁはなりたくない、と思うし、武勇伝ならそうなりたいだろう。2013/01/28

ぱせり

7
その身軽さ、口八兆、大胆さに、はらはらしたり、あきれたり、でも、ちょっと憎めないやつ、と思ってしまうあたり、ほらほら、いつのまにか、彼の話術に嵌っている。だけど、この身軽さは、ちょっと危うい。本当の彼はいったいどこにいるのか。この物語の先を読みたかったな。叶わないのが残念だ。2020/08/18

syota

7
どんな役でも役柄になりきってこなしてしまう能力を生かして、ホテルの従業員として着実に成り上がっていくくだりが痛快。ただ、後半クックック教授と知り合ってからは、それまでの「ヴィルヘルム・マイスター」調がいきなり「魔の山」調に一変してしまう。セテムブリーニの哲学が教授の古生物学に変わっただけという気がしないでもない。それでも、国王の前で開陳する政治論やゾゾ相手の恋愛論などは、一見「魔の山」ばりの大議論に見えるものの冷静に読み返すとどこまで本気なのか微妙で、このへんは詐欺師クルルの面目躍如。2015/05/29

tieckP(ティークP)

6
たまたま翻訳の上下巻それぞれの最後にエロティックな展開が用意されているという理由なんだけど、すごく執筆に射精感があって、それがこの小説を未完に終わらせてしまったような気もする。終盤でいろいろ建築などについての説明を受けながら、上の空で女性のことばかり考えているあたり、実に高まっている感じがする。古生物への蘊蓄は「魔の山」を思わせるけど、個人的にはマンの「インテリ自慢」を後世に読んで気持ちよくなったことはない。とはいえ、マンの長編にしては重くはないし、パロディの軽快さが楽しく悲しく貫いていて相当好きな作品。2016/04/13

kaze

5
で、いつ詐欺師になるの?え、これが詐欺師ってこと?いやいやいや、ただの替え玉では?私はもっとこう色んな人物に化けるのかと思ってたんですけど、侯爵1人ですか?ていうか、世界漫遊しないの?いつまでリスボンにいるの?えー、ここで終わり?ズコー。って感じであった。いやー、話が進まないこと甚だしい。途中の長口舌が長いこと長いこと。マン節極まれり。疲れた。2020/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4197267

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。