光文社古典新訳文庫<br> 女の一生

個数:
電子版価格 ¥869
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
女の一生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 17時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 456p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334752262
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

男爵家の一人娘に生まれ何不自由なく育ったジャンヌ。彼女にとって、夢が次々と実現していくのが人生であるはずだった。しかし現実はジャンヌを翻弄し続ける。乳姉妹だった女中のロザリが妊娠し、その相手が自分の夫であることを知った時、彼女は過酷な現実を生き始めた―。

著者等紹介

モーパッサン,ギィ・ド[モーパッサン,ギィド][Maupassant,Guy de]
1850‐1893。1850年ノルマンディ生まれ。パリ大学在学中に普仏戦争に遊撃隊員として従軍。戦場での苛烈な体験が、のちの厭世的な作風に大きな影響を与えたといわれる。その後海軍省に勤務。母の紹介でフローベールと知り合い、作品指導を受ける。30歳の時に発表した「脂肪の塊」が絶賛され、作家専業となり、33歳の時に発表した『女の一生』はベストセラーになった。旺盛な著作活動を続けたが神経系の発作に襲われ、苦痛から逃れるために薬物に溺れた末、自殺未遂事件を起こしパリの精神病院にて死去

永田千奈[ナガタチナ]
東京生まれ。翻訳家。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

111
若いジャンヌが見つめる世界はとても瑞々しく、純粋な喜びに満ちていて羨ましく、思う。しかし、無垢で恭順に育ったジャンヌは人生の一端に触れ、やる事なす事が裏目に出て不幸に沈んでしまう。彼女の不幸の原因は、映画『ブルー・ジャスミン』の主人公のように自分の幸せを他人に依存してしまった事だ。ジュリアンは正直、早めに死んで良かったけど、ジャンヌの父親も息子もダメンズなのがなんともまあ・・・。しかし、狭量で狂信的な為、自分が悪いとは絶対に思わないトルビアック神父へ降りかかった事へガッツポーズするロザリ、いい人だな~。2018/06/30

えりか

60
海の煌めきをみては涙を流し、木漏れ日の輝きをみては涙を流す。繊細で純粋、受け身で感傷的なジャンヌは最愛の人達に裏切られ続け、絶望の淵に落ちる。一人潔白な人生を歩むことは辛かったはず。彼女の孤独は痛くて悔しい。人生に夢を持つことは悪いことではない。ただ、全ての夢が叶えられるわけでもない。未来に期待する。期待するから叶わなかった時に絶望する。あんまりだ。それでも期待せずにはいられないんだから。「人生は皆が思うほど、良いものでも悪いものでもない」最後の台詞に、だから悲しまなくていいんだよと、慰められた気がする。2016/09/22

巨峰

60
前半はまったりほのぼのなんだけど、伏線が貼りめぐらされていて侮れない。そして、中盤あたりから一気に読ませましたね!新婚旅行を前後に夫の態度の変化がすごすぎるけど、それも彼の考え方なのでしょうね。今までは恋人でこれからは生活をともにする人。まあ、それは夫に都合のいい考え方か。夫は鮮やかに最低に裏切りますから。夫に裏切られ、母に裏切られ、息子に裏切られ。彼女の家族では、進歩的でかつ保守的な父親が素敵だと思いました。新訳はとても読みやすくて、よかった。その当時のフランスの社会情勢も描かれており興味深い2012/01/06

みっぴー

53
訳が自分に合っていたようでスラスラ読めました。タイトルにある通り、貴族の娘ジャンヌの一生を描いた作品ですが、かなり悲惨な一生です。修道院を出るシーンから始まり、やがて恋をして結婚、母となり祖母となるジャンヌ。この当時は結婚が女性にとって唯一、そして全ての目標であり到達点でした。もし二十歳で結婚して結婚生活が破綻したのなら、残りの人生は諦めるしかありません。選択肢がほぼゼロに近い中で、ジャンヌはどうすれば幸せになれたのか…どこからやり直すべきか…既婚未婚未亡人、どの身分になっても悩みは絶えないものですね。2016/05/17

あふもん

50
おもしろかったです。息子がパリに行ったあたりからひきこまれるように読ませていただきました。いやはや自分の一生はどんなものになるのだろうか…2019/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2899027

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。