光文社古典新訳文庫<br> ダロウェイ夫人

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
ダロウェイ夫人

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月23日 11時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 377p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334752057
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

6月のある朝、ダロウェイ夫人はその夜のパーティのために花を買いに出かける。陽光降り注ぐロンドンの町を歩くとき、そして突然訪ねてきた昔の恋人と話すとき、思いは現在と過去を行き来する。生の喜びとそれを見つめる主人公の意識が瑞々しい言葉となって流れる画期的新訳。

著者等紹介

ウルフ,バージニア[ウルフ,バージニア][Woolf,Virginia]
1882‐1941。イギリスの小説家、評論家。ロンドンに生まれ、文芸評論家の父や、一家を訪れる著名な文化人の影響を受けて育つ。20代初めに、「ブルームズベリー・グループ」に参加、芸術や社会への鋭い視点を磨く。1925年に『ダロウェイ夫人』を発表。斬新な手法で人間の心理を深く追求し、高く評価される。その他の代表作に『灯台へ』『波』など。文芸・社会評論でも活躍。1941年、自宅近くの川で入水

土屋政雄[ツチヤマサオ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

129
そう、彼女はダロウェイ夫人と呼ばれる社会的地位にあるけれど、彼ら…ピーター、サリーにとってはクラリッサ。ずーっと前から知っているのだから。大戦も終わった6月の朝の光のように、クラリッサは輝いている。52才でも、彼らが覚えている彼女はまだ少女だもの。でも、公園にいるセプティマスには輝きは一切ない。まだ30年ほどしか生きていないのに。隣に若い妻もいるのに。妻の絶望や苦悩が読者にまとわりつく。光を集めるのはクラリッサばかり?そんなのズルくないかしら。2016/01/27

mukimi

108
今現在の美しさへの感動を爆発させる描写、順番にあちらこちらへ揺れる登場人物の意識の内側から世界を眺める心理描写の巧みさにただ圧倒され読了した。しかしあとがきで筆者は心の苦しみを負い未遂を繰り返し遂には自殺したということ、自らの分身として登場人物を描いたということ、また、鮮やかな生の歓喜が逆説的に第一次世界大戦や彼女の病や苦しみを暗示しているとの解釈を知り、人間の生の美しさと哀しみを想い胸が詰まる。本書が難解とされる由を知る。本書読了ではバージニアウルフという女性の心の迷宮の入口に立ったに過ぎないのだろう。2022/11/06

優希

91
とりとめのない意識の流れが淡々と描写されているのに面白いです。過去と現在を行き来する思いはメリーゴーランドのように巡っていると言えるでしょう。ダロウェイ夫人が花を買いに行き、昔の恋人が尋ねて来る、それだけなのに色々な物語が交錯していきます。次々と語られる物語に刺激はありませんが、瑞々しいと感じました。流されていきながらも時折不思議な感覚をおぼえます。平凡な1日に多くの人や考えがすれ違うのが独特の効果を持つ作品だと思いました。2015/09/05

扉のこちら側

77
初読。2015年1029冊め。【55/G1000】ジョイスの「ユリシーズ」を思わせる、登場人物たちのとりとめのない「意識の流れ」。訳がそうさせるのが原文でもそうなのか、とにかくとうとうと流されて、そしてハッとさせられて。解説にあるように、対立的な要素が複雑に絡み合っていることに目をくらまされる。ダロウェイ夫人の対を成すセプティマス、大英帝国社会への皮肉。最後の最後はなぜ「昔の恋人のピーター」で終わったのだろうか。2015/08/30

Miyoshi Hirotaka

74
第一次大戦後の1920年代のロンドンのある一日。下院議員夫人が花を買う道すがらとホーム・パーティで旧友に出会い、消息を知る話。青春時代に同じ風景を共有しても、その後の仕事、結婚、家族、病気、戦争により人生は劇的に変わった。朗報も悲報もある。ダロウェイ夫人と夫の地位への敬意を込めて呼ばれる世界にいることも偶然。どんなに小さな歯車が回り損ねても今の自分はなく、友人たちに起きたことは、ひょっとして自分にも起きたことかもしれない。人生は百年前も激動。初老に差し掛かった男女の群像と人生の共感が鮮やかに描かれる名作。2016/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/585442
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。