光文社古典新訳文庫<br> 罪と罰〈3〉

個数:
電子版価格 ¥913
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
罪と罰〈3〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月13日 06時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 536p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751845
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

内容説明

殺人を犯した者の詳細な運命がつづられる最終巻。ラスコーリニコフをはじめ、母、妹、友人、そして娼婦ソーニャなど、あらゆる「主人公たち」が渦巻きながら生き生きと歩き、涙し、愛を語る。ペテルブルグの暑い夏の狂気は、ここに終わりを告げる…。

著者等紹介

ドストエフスキー,フョードル・ミハイロヴィチ[ドストエフスキー,フョードルミハイロヴィチ][Достоевский,Ф.М.]
1821‐1881。ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』といった巨大な作品群を残した

亀山郁夫[カメヤマイクオ]
1949年生まれ。東京外国語大学長。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハイク

132
訳者の読書ガイドでは7月7日から20日までの僅か14日間の出来事である。主人公ラスコーリニコフの犯した罪は、止むを得ぬ事情であると正当化していたが、時間の経過とソーニャに出会ったことで自首するに至った。その状況及び心理変化を克明に描写した。ソーニャとの出会いが大きな影響を与えた。ソーニャは主人公がシベリヤの流刑地にも一緒に行って励ました。ついに主人公はソーニヤの愛を認識した。くどい部分もあるが読み応えのある本であった。かなりの長編で時間を取り一気に読む本である。そうでないと単調な会話等で挫折する。2016/08/29

ふうらいぼう

107
下手な比喩だけど、読み終わって『暗く長いトンネルをようやく通過して、抜けるような青空の下に一気にでた!』気持ちになった。殺人を犯し悩む主人公にたいして、ヒロインのソーニャが全力でぶつかるのがとても新鮮に感じた。どこかさめて生きている現代の世界の私達が、ここまで他者にたいして親身になる事があるだろうか...。ドストエフスキーが大きな影響を受けたキリスト教の根本思想がこの物語に大きな奥行きとひろがりを与えた。ラスコーリニコフとソーニャの2人の将来がとても気になる。2015/10/31

ミッフー

106
完読❗️いや〜正直長くて疲れた😅時代背景なのかお国柄なのか、ラスコーリニコフだけに留まらず、多くの人が悩み過ぎでか狂ってしまう😱特にカテリーナの狂い方はグロなホラー映画を観てるよう💦歴史や宗教に疎い僕には、この本を通じドストエフスキーが何を伝えたかったのかイマイチ理解出来なかった😫逮捕されシベリア送りとなったラス君、意外だったのは外部と結構接触出来る事❗️ソーニャ頻繁に訪れ手や体触れ合ってるやん😘ならグダグダ考えずさっさと自首したら良かったのに🤔嗚呼、僕もソーニャのような献身的な愛が欲しい💞2019/04/14

ペグ

90
「罪と罰」という小説は一大シンフォニーだと思う。登場人物は相変わらず多弁。思いを一気にまくし立て長々と喋りまくる。当然一人一人の人生が存在する為、多面的な話になるので大変疲れた。漸くエピローグでこの物語が終結することに。ここに至るまでのラスコーリニコフの熱感、攪拌、孤独、憂鬱、喪失感、憎悪などがこのエピローグにより浄化され言葉にならない程に美しい。少しばかり大袈裟だけど、このエピローグを読むためにわたしは長い長い道を歩んできたのだな〜と感嘆の声を漏らした。2019/08/09

Shintaro

86
人間性には悪魔性と神性が同居する。あるときは気高く、ある時は卑怯者である。哀れ、カテリーナの最後もすごかったが、ドーニャを奪おうとしたスヴィドリガイロフも、最後は善行のみを残して死んでゆく。コミューンなど、不安定性を増す社会。ラストはロシア、否、ドストならではの救済だった。貧困や格差に対してもうひとつの道を選んだ者もいた。「罪と罰」刊行の翌年、「資本論」が出版される。革命には今しばらくの時間が必要だった。やっぱり19世紀は面白いや。おや、ドスト、もう帰るのかい、せっかくだからもう一杯付き合ってくれないか。2016/09/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/538818

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。