光文社古典新訳文庫<br> 十二夜

個数:
電子版価格 ¥517
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
十二夜

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月24日 03時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751432
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

内容説明

男に変装した若く美しいヴァイオラは、セザーリオと名乗ってある国の領主に仕えていた。その領主に魅せられたヴァイオラだが、領主は、伯爵家の令嬢で当主のオリヴィアに恋焦がれている。ところが、こんどはオリヴィアが男装のヴァイオラにひと目惚れ、大混乱が巻き起こって…。

著者等紹介

シェイクスピア,ウィリアム[シェイクスピア,ウィリアム][Shakespeare,William]
1564‐1616。イギリスの劇作家、詩人。若くして故郷を出、ロンドンで役者となった後、座付作者として活躍。『ハムレット』『オセロウ』『リア王』『マクベス』の四大悲劇など、37編の劇を残し、エリザベス時代を代表するばかりか、時代と国境を超えて、世界文学史上最大の作家の一人に数えられている

安西徹雄[アンザイテツオ]
1933年生まれ。上智大学名誉教授。また、「演劇集団“円”」を拠点に、シェイクスピアをはじめ、多くの芝居の翻訳・上演にたずさわってきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

52
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/12/post-743839.html これで「喜劇の時代」は終わり、「悲劇の時代」へ入っていきます。2021/01/02

シュラフ

31
オーシーノ⇒オリヴィア⇒セザーリオ(ヴァイオラの男装)⇒オーシーノ⇒・・・というややこしい三角関係が、酔っ払いや三枚目や道化などの脇役に盛り上げられてハッピーエンドな大団円を迎えるという愉快な物語。解説を読むと、この物語はたんなる愉快な物語ではなく、人間の本質に鋭く切り込んだ物語なのだという。幻想と妄想に囚われて虚像に強い想いを抱くと、それが逆流して自己破壊をもたらす。なんとも残酷で被虐的な自己破壊の悪夢。つまり悪夢の世界とは"現実と妄想"と"正気と狂気"とが何重にも反転や倒錯しながらにじりよったもの。2016/04/28

ぺったらぺたら子 

28
良く比喩で「神」と言うが、ここで沙翁が行っているのは本当の意味で神的な何かなのだと思う。赤塚不二夫版「フーガの技法」とでも言うのか。矛盾し合う二つの世界を作り出し、それをぶつけて破壊する。それが、バッハがメロディを裏返して重ねたりするような数学的な醒めた抽象感を以て成されている。正気は狂気に、間違いは正しく、、と次々と裏返し、そして喜劇のラストにブルースを歌う(紛れもなくbluesですよ、これは!)。これは喜劇が喜劇であることを破り、裏返してしまう瞬間なのだ。この先から作家にとって悲劇の時代に入るらしい。2021/05/29

しゅてふぁん

28
登場人物があっという間に恋に落ちていく。しかも、愛についての大げさな台詞を吐きながら(笑)舞台を見るのと本で読むのとは違うからかな、凄く違和感が…一目惚れとか、運命を感じた的なヤツか。いや、面白いんだけどね、うん。みんなでわちゃわちゃやってる感じが吉本新喜劇を思い起こさせた。あぁ、喜劇だわ。『解題』を読んで、こんなにも深く読み込むことができる作品なのかと驚いた。そして改めて古典文学作品ということを実感した。もっと他の作品も読んでみよう♪2017/09/15

ころこ

23
アンドルーが決闘を申し込む相手を双子の男女で取り違えるところまで読み、イメージが重なったのは『リボンの騎士』でした。調べてみると、『双子の騎士』という続編の主人公が男女の双子であり、かつ、本作の主人公ヴァイオラが『双子の騎士』ではヴィオレッタとなっていました。また、双子の兄が行方不明という設定まで同一です。ですが、重なったのは『リボンの騎士』であり、古くからある男女の越境になぜか我々は惹かれます。越境が魅力的なのも、男らしさと女らしさのステレオタイプなジェンダーが機能しているからです。ジェンダーフリーにな2018/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562562

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。