光文社古典新訳文庫<br> 赤と黒〈上〉

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
赤と黒〈上〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月23日 14時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 465p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751371
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

ナポレオン失脚後のフランス。貧しい家に育った青年ジュリヤン・ソレルは、立身のため僧職に身を投じる。やがて貴族であるレナール家の家庭教師となり、その美貌からレナール夫人に慕われるようになる。ジュリヤンは金持ちへの反発と野心から、夫人を誘惑するのだが…。

著者等紹介

スタンダール[スタンダール][Stendhal]
1783‐1842。フランスの小説家。代々法曹家を生んだブルジョワの家庭に生まれる。7歳のとき熱愛していた母親を亡くす。その反動からか、王党派の父親に激しく反発し、自らは共和主義者となる。16歳のとき陸軍少尉に任官し、ナポレオンのイタリア遠征に参加。このときから生涯、イタリアを愛することになる。その後は官僚となり、多彩な女性遍歴など、派手な生活を送る。この間、『恋愛論』『赤と黒』などを書き上げる。1842年、脳出血で死去

野崎歓[ノザキカン]
1959年生まれ。東京大学文学部准教授。フランス文学研究のほか、映画評論、文芸評論、エッセイなど幅広く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fseigojp

33
ジュリアンよりレナール夫人の可憐さが引き立つ 注:ジャンセニズムとは神の恩寵の意味の絶対化と人間の非力さの強調が本義であり、コルネリウス・ヤンセンの著作『アウグスティヌス~人間の本性の健全さについて』に由来する。カトリック教会からは異端とされた。 7月革命を予言していたとの自負から1830年代記と副題が付けられた2015/09/17

シュラフ

29
主人公は野心家の若者ジュリヤン・ソレルなのであるが、その恋人となるレナール夫人が圧倒的な存在感。貴族夫人と農民の子、3人の子の母とその家庭教師、30女と19の青年、結ばれてはいけない関係なのだが、2人は関係してしまう。ソレルは夫人に対してどこか醒めている。男と女の関係はホレたほうが負け。夫人のソレルに対する献身ぶりが痛々しい。世間知らずの夫人のはずなのだが、2人の関係が世間にばれそうになったときになぜか力強くなる。そして関係を続けるのが無理になると、突如として良心の呵責に苛まれる。あ~、女は分からない。2016/11/22

白のヒメ

27
親と兄弟に虐待されて育ってきた農民のジュリヤン。しかしその自尊心は強く、聡明で美形。ナポレオンに憧れ、出世向上野心の強い若者だった。16歳で嫁いできて恋も愛も知らぬ貴族出身のレナール夫人は、子供の家庭教師としてやって来たジュリヤンの情熱に惹かれていく。二人の不倫の恋が絶望的になるまでが前巻。このジュリヤンというのは面白い主人公で、愛を語るわりには常に冷めている。自分の為なら冷静に他人を利用できる策略者だ。愛されずに育った生い立ちが、彼の精神を形成しているのだろうか。その心理描写が興味深く引き込まれる。2014/02/05

yuka

19
われらが主人公ジュリヤンをなかなか好きになれず。フランスの歴史がわからず。『レ・ミゼラブル』よりちょいと前だね。夫人の恋心と背徳感みたいなものに、息苦しくなる。下巻、ジュリヤンを好きになれるといいけど。2018/12/08

きゃれら

15
再読のつもりだったのだけど、全然「これ読んだ」が感じられない。読んだのはパルムの僧院だったのかな。よって初読のように楽しむ。主人公の考えること感じることが、若気の至りの連続で下手すりゃ身につまされる。いや、今もこの手の過ちは繰り返しているかなあ。スタンダールさんの地の文での実も蓋もないコメントがなんともはや。この主人公が、いよいよパリ社交界でどうなっていくのか、下巻が楽しみ。2021/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/540363

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。