光文社古典新訳文庫<br> カラマーゾフの兄弟〈4〉

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
カラマーゾフの兄弟〈4〉

  • 提携先に5冊在庫がございます。(2021年09月21日 14時36分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 700p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334751326
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

内容説明

11月初め。フョードル殺害犯として逮捕されたミーチャのまわりで、さまざまな人々が動きだす。アリョーシャと少年たちは病気の友だちを見舞い、イワンはスメルジャコフと会って事件の「真相」を究明しようとする。そして裁判で下された驚愕の判決。ロシアの民衆の真意とは何か。

著者等紹介

ドストエフスキー,フョードル・ミハイロヴィチ[ドストエフスキー,フョードルミハイロヴィチ][Достоевский,Ф.М.]
1821‐1881。ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、巨大な作品群を残した。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた

亀山郁夫[カメヤマイクオ]
1949年生まれ。東京外国語大学教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

221
この巻の前半は時間のスパンがやや大きくなるが、後半の法廷場面では、小説の時間の進行と現実のそれとが同等なくらいに細密に描かれている。また、第2巻あたりで長老ゾシマの物語としてあった神の問題も、ここではすっかり影を潜め、この巻では世俗に徹して語られる。あたかも法廷小説のような展開だが、検事の論告、そして弁護士の弁論はそのいずれもが、ミーチャに起りえたかも知れないことであり、事件に「真相」はあっても、「真実」は計り知れないという思いにもなる。錯乱したイワンを含め、これでカラマーゾフ家は崩壊するのだろうか。2013/04/15

ケイ

133
スメルジャコフの人生を考えれば哀れだ。そして一人だけ母の違うドミートリー。イワンには共感できないが、彼らを生み出したフョードルの罪深さ。子供たちの命の儚さと、アリョーシャが愛と隻眼をもって彼らに接する際の公平さ。アリョーシャがいるからこそ、このドロドロとした人間たちの醜さをそばで見る気になれるのだろう。裁判の場面は何度読んでも疲弊する。どちら側の言うことも、この証拠の中では最もだ。ただ、カテリーナよ…。とうとう本性を現したと、グルーシェニカに言われる始末。2021/06/09

kazi

121
いやー、凄いな・・。これがどんなに素晴らしい小説であるか、上手く書けないのが悔しいです。私が読んでて最もハッとしたのが、いよいよ始まったミーチャの裁判に群がる大衆、傍聴人たちの俗悪さに関する記述です。人々はスキャンダルに興奮し、風説が風説を呼び歯止めが利かなくなる。ゾシマ長老逝去のとき同様、派手な見世物が起こってほしいと涎を垂らす大衆の下衆さが描かれる。物凄く現代的なテーマだ。リアリティ番組で最近起こった問題とか今世界中で起こってる事を思い出しました。今後こんな事があるたびに、読み返したくなるんだろうな。2020/06/06

パトラッシュ

113
父殺しで起訴されたミーチャの裁判はロシア的カオスの連続で「藪の中」の様相を呈する。第3巻でフョードル殺害場面が削られたため検察・弁護双方の主張の正否が不明で、スメルジャコフの犯行告白にも物的証拠はなく事件後に金だけ盗んだとも取れる。彼から「神がなければ全て許される」という自分の思想を実践したのだと告げられ追い詰められたイワンはカラマーゾフらしからぬ弱さをさらけ出す。主要な面々は有罪・狂乱・後悔に苛まれる敗者となり何の回答も与えられない。一切が曖昧な不条理こそ作者が提起したかったことなのかも。(5巻に続く)2020/05/06

Kajitt22

109
狂気と正気、虚と実、夢と現、凶暴と優しさ。その境界は揺らいでいて、カラマーゾフの下劣な力が立ちふさがっている。それにしてもなんと饒舌な小説だろう。現代でこの饒舌にせまるのはブコウスキーか。検事と弁護士の最終弁論が圧巻。読むのには体力が必要かも。いささかぐったり気味だが5巻に行く。再読2019/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/564900

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。