光文社古典新訳文庫<br> プークが丘の妖精パック

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
プークが丘の妖精パック

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月27日 21時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 390p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751210
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かもめ通信

28
光文社の古典新訳っててっきり既に他に邦訳があるものを「新訳」で、という企画なのかと思っていたのだけれど、この作品、本邦初邦訳なんだそう。物語を読むうちにシェークスピアの作品へ思いをはせてしまうのはもちろんのこと、ごく自然にイギリスのオックスフォードシャー州にあるウェーランドの鍛冶場(Wayland's Smithy)という墳丘やそこにまつわる伝説を知り、ノルマン人とサクソン人の争いの歴史に思いをはせ、現在のイギリス王室の基になる系譜を学び、宗教問題についてまで考えさせられてしまうなかなか奥深い物語だった。2016/09/28

えりか

25
キプリングはジャングルブックの印象しかなかったのだけど(それもかなりうろ覚え)これも面白かった。妖精パックと過去の騎士たちが子供たちに語る昔の物語。昔話。神話。そして詩。子供の時に読んでたら、もっとワクワクして楽しかっただろうなと思う。自分の前にもパックが現れてくれないかなと想像していたにちがいない。その土地の、そこにいた人々の物語。土地も人々の意志もずっと受け継がれていくし、繋がっている。面白いなぁ。いいなぁ。好きだなぁ。続編もあるようなので、光文社古典新訳から出ないかなぁ。読みたいなぁ。2016/01/29

ヴェルナーの日記

22
シェークスピアの「夏の夜の夢」に登場する妖精パックをホスト役にし、ダンとユーナの兄妹にブリデンの歴史の1コマを、当時の人物を呼び出して、当時の物語を語らせる歴史物語。10篇の短編から編まれている。これは著者キプリングが、自分の子どもたちに歴史に興味を抱かせるためと創作された。本作には続編『ごほうびと妖精』があり、早く邦訳されることを期待する。2014/08/23

北風

14
エブリデイ・マジックかと思ったけど、歴史小説だった。中世ヨーロッパの歴史を妖精が登場人物を召喚して、子どもたちに語って聞かせるという……。ジャングル・ブックやキムが面白かったんだけど、いまいち楽しめなかった。なんでか歴史モノとは相性が悪いんだよな。これだけ昔の話なんだし、普通にフィクションと同じように読めないもんなんだろうか?2022/02/09

巨峰

10
2人の兄妹は、『真夏の夜の夢』にでてくる妖精パックに導かれて、イングランドの歴史の語り部たちの言葉を聞くことになる。イングランドの歴史なんて高校の世界史でならったきりだけど、キプリングのこの小説に出てくる歴史上の人物は、僕たちと同じ赤い血が通っているようだ。ちょっとした、どんでん返し?もあり、大人も楽しめる児童文学です。2009/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/556610

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。