光文社文庫<br> ゲームの名は誘拐

個数:

光文社文庫
ゲームの名は誘拐

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月01日 23時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 339p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334738853
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

敏腕広告プランナー・佐久間は、クライアントの重役・葛城にプロジェクトを潰された。葛城邸に出向いた彼は、家出してきた葛城の娘と出会う。“ゲームの達人”を自称する葛城に、二人はプライドをかけた勝負を挑む。娘を人質にした狂言誘拐。携帯電話、インターネットを駆使し、身代金三億円の奪取を狙う。犯人側の視点のみで描く、鮮烈なノンストップ・ミステリー。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

324
シチュエーションの妙とそれを実現させるためのキャスティングの冴え。狂言誘拐を成立させるためにヘッドハンティングされた凄腕のプランナーを犯人としたところに東野氏の着想の素晴らしさがある。また狂言誘拐が成功裏に終わった後からがまたすごい。255ページ以降は予想不可能な展開で鼻づらを抓まれてグルングルンと引っ張りまわされているような感覚だった。しかし最初のわずか4ページで主人公の人物像を読者の心に自然と理解させる作者の上手さには全く舌を巻く。読みやすさゆえに見過ごしがちだが、この技術の高さは本当にすごい。2013/05/19

absinthe

268
面白かった。高度な頭脳戦というわけには行かず、あちこち穴のある展開だったけど、それでも受け渡しの前後はハラハラドキドキ。知らなかったが、映画化もされたという。最後の逆転がやっぱりすごい。ミステリのだいご味ちゃぶ台返し。読ませた方がいい作品と映像で見せたほうがいい作品があるが、この作品は映像のほうがいい。それを意識して作ったような作品。後味すっきりといいたいが、終わり方はどうだろう?パズルのピースははまったが、公序良俗から考えて不快に思う人がいるかも。…された、○○ちゃんが不憫だ。2020/07/31

nanasi

187
カバーデザインは泉沢 光雄さんと水口 理惠子さんです。巻末に藤木 直人さんが「佐久間役を演じたことと東野圭吾さんのこと」が収録されています。良い人が出てこない物語。2013/11/06

どんちん

183
時生の拓実とは別の意味で女性がむかつく男として考えたのが、この佐久間とのこと。が、全くそんな気がしなかったのは、私が男性だからか。最も、ビジネスマンがあこがるような設定ともあるので、少なくとも、この本においては、見事、東野マジックにのってしまったようだ。その展開はスリリングで多くの伏線は東野ワールドであった。が、気のせいだろうか、サラリとラストまできてしまった。最後の最後の展開は、確かに読めなかったが、それでも、うーーんあっさりかなぁ(笑)2012/11/01

ダイ@2019.11.2~一時休止

180
狂言誘拐の物語。犯人視点のみに絞った展開がイイ。2013/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/570609

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。