光文社新書<br> 女性自衛官―キャリア、自分らしさと任務遂行

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

光文社新書
女性自衛官―キャリア、自分らしさと任務遂行

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月24日 22時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 264p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334045999
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C0230

出版社内容情報

「女性自衛官」に焦点をあて、今日に至るまでの歴史や現状、世間ではあまり知られていない自衛隊の概要について紹介する。

内容説明

圧倒的に男性が多く、今なお「男性的」な構造が色濃く反映された組織に生きる「女性自衛官」。著者が自らの防衛省勤務経験を生かし、未だ全体の8%未満と超マイノリティである女性自衛官、中でも子育て経験のある幹部自衛官を対象としたインタビューを実施。彼女たちが任務を遂行する上で抱える課題、出産や子育てでぶつかる壁、それをどう乗り越え壊してきたのか―そして、自分の仕事をどのようにとらえてキャリアを形成してきたのかを通じて、日本社会で働く女性が共通して直面する葛藤やキャリア形成の問題点を、より鋭角的にあぶり出す。有事には「命を懸けてでもこの国を守る」と誓う母親たちが見出した、究極のワークライフバランスとは?女性自衛官の生の声を基に描いた、新・女性キャリア論。

目次

第1章 自衛隊、自衛官とは
第2章 なぜ自衛官の道を選んだのか
第3章 アイデンティティの源泉
第4章 自衛隊組織の特徴と女性自衛官のキャリア
第5章 幹部自衛官のキャリア
第6章 女性自衛官の壁
第7章 女性自衛官の仕事と子育て
第8章 自分らしいキャリア

著者等紹介

上野友子[ウエノトモコ]
東京都生まれ。2011年、防衛省に防衛事務官として入省(現在、内閣府出向中)。2020年、法政大学大学院キャリアデザイン学研究科修士課程修了。国家資格キャリアコンサルタント

武石恵美子[タケイシエミコ]
茨城県生まれ。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程修了。博士(社会科学)。労働省(現・厚生労働省)、ニッセイ基礎研究所、東京大学社会科学研究所助教授を経て、法政大学キャリアデザイン学部教授。専門は人的資源管理論、女性労働論。厚生労働省労働政策審議会委員等を務める。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

古本虫がさまよう

5
上野さんは防衛省に務めている現役の職員(事務官)。在職中に、法政大学大学院キャリアデザイン学研究科修士課程修了。その時の指導教官(武井氏)との共著の形。「女性自衛官」といっても、幹部自衛官を対象にしている。人数は20名。そのうち、8割以上は、夫も自衛官。ということで、自衛官の中にあっても、恵まれた人々(女性)という感じ。職場結婚して、どちらも自衛官(幹部)となれば、転勤であれ、日常業務であれ、いろいろと配慮もされるだろう。実際、いろいろと配慮されたりした体験を語っている女性自衛官もいた。2022/09/20

バーニング

5
著者と指導教員の共著という形式で修士論文を出版用にアレンジした一冊。一人一人のインタビューから男性中心社会における超少数派としての女性自衛官の働き方を明らかにする、というスタイル。あくまで個人の感想の可能性はあるが、比較的組織に順応しながら働いている女性自衛官の声を拾ってる可能性もあるので(一種の生存バイアス)少なくともツイッターなどで見聞きするような自衛隊のイメージとは異なる自衛隊のイメージを作ることには成功している。2022/03/23

Go Extreme

3
自衛隊、自衛官とは: 幹部自衛官の育成過程とキャリア形成 ワーク・ライフ・バランス制度 なぜ自衛官の道を選んだのか: 自立 自分らしく 社会貢献 アイデンティティの源泉: 守ることへの自負 重要な資質 任務遂行と自律性 自衛隊組織の特徴と女性自衛官のキャリア: 頻繁な異動 性別<適材適所 ロールモデル<自分らしさ 幹部自衛官のキャリア: 幕僚監部 女性自衛官の壁: 少数派への視点 ジェンダーバイアス 体力の壁 強さの再定義 女性自衛官の仕事と子育て: 即応態勢 自分らしいキャリア: 組織と女性 任務と女性2022/05/07

お抹茶

2
女性幹部自衛官にインタビューし,男性的な組織でのキャリア展開を描く。常時即応態勢,国防という特殊な世界だが,取材に応じる自衛官達の意見は意外と普通の会社員と変わらない。組織が求める役割と自分が選ぶ役割を統合して,国を守るという任務を受け入れることが彼女達の自律性であり,キャリアを築く原動力になっている。もっとも,そういう人でないと残れないとは思う。厳格な階級社会だからこそ,階級と職務内容に応じた役割期待に基づいた仕事が与えらるので,女性差別は起こりにくい。この点は,日本の一般企業と異なる利点かもしれない。2023/02/02

スフレチーズケーキ

2
思っていた内容とは違いました。 特に「女性」ということでなく自衛官全般のことと捉えて読みました。 興味深い点もたくさんありましたが、頻繁に転勤が多い、しかも範囲が日本全国という広さなので結婚後の単身赴任は避けられないという宿命なんだなと痛感しました。2022/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19491788
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。