光文社新書<br> 日常世界を哲学する―存在論からのアプローチ

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

光文社新書
日常世界を哲学する―存在論からのアプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月26日 19時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 234p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334044282
  • NDC分類 111
  • Cコード C0210

内容説明

「存在論」とは、何かが「ある」とはどういうことかを考える哲学の一大分野である。起源は古代に遡るが、現代では、ある事実が成立するためには何が存在し、存在するもの同士はどのような関係にあるかを問題にする。具体的にはあらゆる事象の前提、すなわち世界がよって立つ基礎を考察している。私たちの「当たり前」を問い直すことで、日常は違った相貌を現す。哲学の最前線を体感するスリリングな講義。

目次

序論 日常世界を哲学する
第1章 ハラスメントはいかに「ある」か?―「社会的事実」を考える
第2章 「空気」とは何か?―「社会規範」の分析
第3章 集団に「心」はあるのか?―全体論的アプローチ
第4章 時計は実在するのか?―「人工物」のリアリティーについて
第5章 サービスの存在論―私たちが売買する時空的対象
第6章 キャラクターの存在と同一性―「人工物説」の立場から

著者等紹介

倉田剛[クラタツヨシ]
1970年生まれ。九州大学大学院人文科学研究院准教授。慶應義塾大学文学部卒。パリ大学第12校DEA課程を経て、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門はオーストリア哲学、分析形而上学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件