光文社新書<br> 教養としてのロック名盤ベスト100

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

光文社新書
教養としてのロック名盤ベスト100

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2021年10月17日 10時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 280p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334044251
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0273

内容説明

戦後文化の中心にあり、ある意味で時代の変革をも導いた米英のロック音楽。現在我々が享受する文化のほとんどが、その影響下にあるといっても過言ではない。つまり、その代表作を知らずして、文化の深層はわからないのだ。現代人の基礎教養とも言えるロック名盤100枚を、これまでにない切り口で紹介・解説!

目次

100位→61位
60位→21位
20位→11位
10位→6位
5位→1位

著者等紹介

川〓大助[カワサキダイスケ]
1965年生まれ。作家。’88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。’93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

山田太郎

37
読んでて面白いかと言えば面白いけど、実際聞きたくなるかといえばそうでもなく、教養でロック聞くもんでもないというか。基本NEWWAVEパンクテクノなんで、ビートルズストーンズはすっぱり抜けてます。プログレもロンリーハートのイエスとちょっと違うエイジアだもんなと。こんなランキングだと極私的なやつか人間いっぱい集めた最大公約数みたいなのがやっぱりおもしろいよなと。しかし、こうランキングつけられる人がうらやましいというか年間ランキングとか考えるだけでも面倒くさいというかわかんなくなる人なんで。2019/10/09

aloha0307

25
大いに楽しめました☺米国:ローリングストーン誌と英国:NME誌のデータを元に、恣意を排した客観的な「究極の」リストだそう。Beatlesは最多の6枚(B.Dylan5枚 StonesとD.Bowie4枚は順当だね) 総合1位はちょっと意外な あれ でした(ネタバレ回避します☺)。いっぽう、Queen、EltonJohn、Eaglesがゼロなのは意外だったなあ。2019/08/25

訪問者

11
以前読んだ「日本のロック名盤ベスト100」の作者が書いたものであるが、こちらはアメリカのローリングストーンとイギリスのNMEのそれぞれのベスト500を合成したものである。ロックの本場であるアメリカとイギリスの総合ベストなわけだが、筆者も語っているように日本のファンからすると納得がいかない部分も多い。とりわけクイーン、エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、キング・クリムゾン等がベストに入っていないのはどうかと思う。2019/09/22

giant_nobita

11
ローリング・ストーンとNMEのオール・タイム・ベストを足して2で割れば「客観的」で「科学的」な「究極」のランキングが作れる!という発想の無邪気さには苦笑させられる。せっかく2誌の順位の違いに注目するのであれば、まずそれぞれのベスト500のリストを載せるべきだし、選盤コメントも引用した上で評価点がどう別れているかを具体的に分析・評論すべきだろう。著者自身のコメントの中では、ザ・ビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」の歌詞の「保守反動性」を論じたものが(名盤ガイドとしては)新鮮でよかった。2019/09/02

mawaji

11
小学生の頃から洋楽に親しんできた自分としては100枚くらいだったら知らないアルバムはないだろうと思っていたらそうでもなかった。やはり奥が深い。知らないグループも20組くらい。ベスト20くらいになるとようやく馴染み深いアルバムが続いてほっとしました。ビートルズの6枚はほぼ納得ですが、ホワイトアルバムの3位はちょっと以外。ロックとは「アルバムの時代」の落とし子の異名という解説は、ロックの時代をリアルタイムに過ごしてきた人たちにとってはスッと入ってくるのではなかろうか。今後、音楽配信の時代はどうなるのでしょう。2019/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14125327

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。