光文社新書<br> 利益を生むサービス思考―世界一のメートル・ドテルが教える

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

光文社新書
利益を生むサービス思考―世界一のメートル・ドテルが教える

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年08月09日 19時15分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043933
  • NDC分類 673
  • Cコード C0263

出版社内容情報



宮崎辰[ミヤザキ シン]
著・文・その他

内容説明

営業マン、顧客対応のビジネスパーソン、自営業の方たちへ。儲からないサービスは、今すぐおやめなさい!一流レストランの現場から得たビジネス哲学を公開!

目次

第1章 サービスとは「技術」である
第2章 サービスとは「手間」である
第3章 サービスとは「コミュニケーション」である
第4章 サービスとは「見た目」である
第5章 サービスとは「働き方」である
第6章 サービスとは「循環」である
第7章 サービスとは「トキ」であり、「モノ」である
第8章 サービスとは「幸せ」である
終章 伝説のサービスマン・秋山隆哉氏に聞く

著者等紹介

宮崎辰[ミヤザキシン]
メートル・ドテル。1976年東京都生まれ。高校卒業後、辻調理師専門学校に入学。同校フランス校へ進学する。南フランスでの研修を経て、芝「クレッセント」、六本木「グランドハイアット東京」、銀座「オストラル」、南青山「ピエール・ガニエール・ア・東京」、恵比寿「シャトーレストランジョエル・ロブション」などを経て独立。2012年には、「クープ・ジョルジュ・パティスト」が主催する、サービス世界コンクール世界大会で優勝し、日本人で初の「世界一のメートル・ドテル」に。現在は、ミシュラン星付きレストランにてメートル・ドテルとして勤務しながら、自身の団体Fantagista21を中心に、サービスの普及、コンサルティング、講演など幅広く活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

27
メートルドテルと言う仕事は、イタリア貴族の料理習慣がフランスに伝わり、フランス料理として花開く中世に誕生した。連日連夜ゲストを招き、自分の権勢を示すために、豪華な料理や派手な装飾品などでお客様をもてなします。 お客様へのサービスは確かなおもてなしの技術が支え、絶妙なタイミングでサービスを提供する。 同じお客様でも状況が違えば、当然サービスの内容も異なる。だからこそ、お客様はサービスに対してお金を支払い、また来たいと思うのだ。 こうした絶品のサービスを生み出すための準備、鍛練、学習などを紹介した一冊になる。2019/09/29

るぶ

1
いつかは憧れの高級レストラン!の、メートルドテル、宮崎氏がこれからのサービスに対する考え方を教えてくれる。 モノの値段以上の付加価値をつける、コトとトキを販売する心構え、など、実際のレストランサービスの経験を元に非常に分かりやすく書かれていると思った。直接サービス業に従事していなくても参考にできる考え方。 高級レストランのサービスの裏側の見えるエッセーとしても面白く読める。2019/02/03

AI

0
グランメゾンのメートルドテルの書いた本。知らない世界を垣間見るのは楽しい。お酒があまり飲めなくてもグランメゾンで楽しく食事するやり方が分かったw 良く考えれば、当たり前だね。どんな職種でも、いい仕事をしていい報酬が欲しい。付き合いの基本だ。 2019/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13453274

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。