光文社新書<br> 暴走トランプと独裁の習近平に、どう立ち向かうか?

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

光文社新書
暴走トランプと独裁の習近平に、どう立ち向かうか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 04時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 288p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043803
  • NDC分類 319.105
  • Cコード C0231

出版社内容情報



細川昌彦[ホソカワ マサヒコ]
著・文・その他

内容説明

経済冷戦、勃発!日本も巻き込まれる!TV経済番組で大活躍!通商のプロが緊急提言。

目次

第1章 トランプと向き合う日本
第2章 TPPと日米FTA
第3章 暴走するトランプ流・通商戦略
第4章 米中の激突
第5章 習近平の“紅い資本主義”にどう立ち向かうか
第6章 日本は米中にどう向き合うのか

著者等紹介

細川昌彦[ホソカワマサヒコ]
1955年1月生まれ。中部大学特任教授。’77年、東京大学法学部卒業、通商産業省入省。通商政策局米州課長、貿易管理部長など通商交渉を最前線で担当した。在職中にスタンフォード大学客員研究員、ハーバード・ビジネス・スクールAMP修了。また、中部経済産業局長として「グレーター・ナゴヤ」構想を提唱。日本貿易振興機構ニューヨーク・センター所長も務めた。経済産業省退職後、現在は教鞭をとる傍ら、自治体や企業のアドバイザーを務める。テレビのコメンテーターとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

原玉幸子

2
新書ですが2年弱前の本なので、秋の大統領選を考える何の足しにもなりません。まぁ、中国共産党に更にマイナス1ポイント。米国抜きのTPPは、辞めた安部君(裏で官僚)が頑張った、と覚えておきます。(●2020年・秋)2020/09/18

keiji

1
昨今の米中問題を中心とした貿易問題について体系的に学ぶことが出来る書。特に中国が目論む「中国製造2025」「一帯一路」「標準化」といった思考は恐怖すら感じる。BATやファーウェイが得た情報は全て中国共産党に流れており、人民解放軍で流用されれば安全保障上の大きな問題である。この問題をトランプの単なる「駆け引き通商」と同列にしないこと。やはりWTOがもっと機能しないといけないし、そのためにアメリカの帰ってくる場所を作っておく必要があると言うのは最もだろう。いずれネットの世界は東西真っ二つに分裂する気がする。2019/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13272803

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。