光文社新書<br> 地上最大の行事 万国博覧会

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

光文社新書
地上最大の行事 万国博覧会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月28日 21時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 259p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043636
  • NDC分類 606.9
  • Cコード C0295

出版社内容情報



堺屋太一[サカイヤ タイチ]
著・文・その他

内容説明

日本を変えた超巨大プロジェクト成功の舞台裏。

目次

第1章 一九七〇年万国博覧会―日本最大の行催事
第2章 戦前戦中の大阪―迷える大都市
第3章 大事なのはコンセプト
第4章 人間の博覧会
第5章 万国博の成果と後始末
第6章 一九九二年セビリア万国博覧会
第7章 二〇一〇年上海万国博覧会

著者等紹介

堺屋太一[サカイヤタイチ]
1935年大阪府生まれ。作家・経済評論家、元経済企画庁長官。東京大学経済学部卒業後、通商産業(現・経済産業)省入省。通商白書で「水平分業論」を展開。日本万国博覧会(大阪万博)開催を推進し成功を収める。沖縄海洋博や「サンシャイン計画」に携わった後、’78年に退官。予測小説『油断!』で作家デビュー。続いて『団塊の世代』を発表、ミリオンセラーになる。’98年7月から2000年12月まで、小渕恵三内閣、森喜朗内閣で経済企画庁長官を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件