光文社新書<br> 私が選ぶ名監督10人―采配に学ぶリーダーの心得

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

光文社新書
私が選ぶ名監督10人―采配に学ぶリーダーの心得

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 11時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 302p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043629
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0275

出版社内容情報



野村克也[ノムラ カツヤ]
著・文・その他

内容説明

捕手として3017試合、監督として3204試合。日本プロ野球の黎明とともに生を享けた「球史の生き証人」が選ぶ10人の名将たち。歴史をつくったリーダーに見る、部下育成、人心掌握、組織再生の真髄。

目次

第1章 日本シリーズ
第2章 南海時代
第3章 ヤクルト時代
第4章 阪神時代
第5章 楽天時代
第6章 特別編

著者等紹介

野村克也[ノムラカツヤ]
1935年京都府生まれ。右投右打、「生涯一捕手」。峰山高を経て南海(54~77年)、ロッテ(78年)、西武(79~80年)と、27年の選手生活を送る。安打2901、打率・277、本塁打657、打点1988、盗塁117。MVP5度、三冠王1度、最多安打1度、首位打者1度、本塁打王9度、打点王7度、ベストナイン19度、ダイヤモンドグラブ賞(現・ゴールデングラブ賞)1度。70~77年南海でのプレイング・マネジャーを皮切りに、90~98年ヤクルト、99~2001年阪神、06~09年楽天と監督を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nishiyan

13
野村克也さんが「管理」「納得」「情感」「報酬」「実績」をキーワードに名監督10人選び、その特徴と自身の関わりについて語っている。全ての項目を網羅する川上哲治監督は本当に名監督だったのだな。少し不思議だったのは、西本幸雄監督に関しては以前は積極的な評価をしていなかったと思うのだが、名監督に挙げたのはどういう心境の変化なのだろう。あと広岡達朗監督や上田利治監督、仰木彬監督についても触れてほしかったかな。さすがに10人というのは絞りこみ過ぎた感じがする。ただオールドファンが楽しめる内容であることに変わりない。2018/08/02

anken99

9
ノムさんが選ぶ日本の名監督10人。それぞれがノムさんとは深い関わりがあり、なかなかに読ませてくれる。現代の名将、原辰徳は選から漏れている一方、落合博満はしっかり選出。個々の監督評から、対戦の思い出、さらには当時の自分語りへと脱線していく章も多数だが、それはそれでノムさんらしいし、そして既出エピソード多数ながらも十分楽しめる。意外というか、ノムさんも丸くなったなと思ったのが、褒めていたり、あるいは泣けるエピソードが少なくなかった点。そういう意味では価値ある一冊なんだろう。2019/10/21

今日のホームラン

8
久しぶりに読んだノムさんの本。水原、三原、鶴岡監督など名前しか知らない監督の話も知れて良かった。以前に比べてノムさんの球界に対する愛情や熱い気持ちをより一層感じることが出来た。やはり球界一の頭脳派だけあってひとつひとつの言葉が重く納得させられてしまう。一番印象に残ったのは王監督の生卵事件の話、事件後の王さんのナインに向けた言葉が胸を打つ。うん格好いい!さすが球界一の人格者。素晴らしい。2019/01/03

ふね

7
#2 ノムさんが名監督10人の分析を通じて語るリーダー論。野球好きにとっては腹落ちしやすいリーダー論だった。叱ると怒るの違い。語る言葉の大切さ。実践していきたい。2022/02/23

Yanabod

7
ノムさんは本をたくさん出しているけれども、このところの新刊ラッシュに何か不安を感じる。 本書はノムさん視点から優秀な10人の名監督を選んでおり、其々の監督について具体的に説明しているが、ノムさん本を読んでいれば大体ストーリー部分はいつもの内容なのだが、森監督を評価してくれていることは素直にうれしい。一方鶴岡監督はどう見ても「反面教師」という意味での名監督の位置づけであり、個人としては評価していないのだろうとわかる。 しいて言えば広岡監督も入れてほしかった。2018/08/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13004218

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。