光文社新書<br> 空気の検閲―大日本帝国の表現規制

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり

光文社新書
空気の検閲―大日本帝国の表現規制

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年10月24日 19時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 304p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043445
  • NDC分類 023.8
  • Cコード C0231

内容説明

ブラック労働的なその現場、エロ本評論家と化す検閲官、検閲官とマスコミの驚くべき一体ぶり、植民地における検閲の実情、検閲の対象となるメディアの広がり、官僚的セクショナリズムによる検閲の暴走、法外の手段を用いた非正規の検閲と、忖度による自主規制、世間との共振…。絶対悪の代名詞「検閲」。しかしその実態は?繰り返される忖度の歴史、その源を探る。

目次

第1部 検閲の動揺(エロ・グロ・ナンセンス対検閲官―一九二八~一九三一年;世間と共振する検閲―一九三二~一九三六年 ほか)
第2部 広がる検閲網(植民地の独立運動を抑圧せよ―台湾、朝鮮;聴く検閲、観る検閲―脚本、映画、放送、レコード)
第3部 戦争と検閲(日中戦争と忖度の活用―一九三七~一九四一年;太平洋戦争と軍部の介入―一九四一~一九四五年)

著者等紹介

辻田真佐憲[ツジタマサノリ]
1984年大阪府生まれ。作家、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科中退。2012年より文筆専業となり、政治と文化芸術の関係を中心に、広く執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



辻田真佐憲[ツジタ マサノリ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件