光文社新書<br> 鉄道時刻表の暗号を解く

個数:

光文社新書
鉄道時刻表の暗号を解く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月22日 16時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 264p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043056
  • NDC分類 686.55
  • Cコード C0265

出版社内容情報

屈指のテッちゃんライターが、鉄道時刻表の独自で面白い味わい方を披露。新旧織り交ぜる構成でファンを巻き込む心踊る本。

内容説明

いまやスマホで全てが瞬時に分かる。でも、紙の時刻表が売れ続けているのはなぜか?それは、ネットでは安・近・短の“正解”は分かっても、「広域の乗り継ぎ」「途中下車の自由時間」を俯瞰して知りたい場合は紙が圧倒的に便利だから。運賃手計算はボケ防止にもなる。「目的地にラクに着く」という視点を離れれば、好奇心を掻き立てる広大な世界が目の前に。紙の時刻表ならではの“非合理の楽しみ”を味わう旅へ出発進行!

目次

第1章 時刻表のむず痒いところ(さくいん地図に見るJR線ネットワークの不自然;『JTB時刻表』の「索引地図」北海道地方にあるバス停の謎 ほか)
第2章 昔の時刻表は面白い(駅のサービスを表す記号は昔ほど賑やかだった;「ナイフとフォーク」に加えて「どんぶりとおわん」もあった時代 ほか)
第3章 バックナンバーで探る寝台特急の栄枯盛衰(手作りの“運転本数図”;大増殖の黄金時代 ほか)
第4章 近頃はつまらなくなったとぼやく御仁へ(手作業の運賃計算という試み;複雑さの楽しみ方 ほか)
第5章 『マイライン東京時刻表』の遊び方(一周毎に変わっていく山手線の列車番号;列車番号でわかる地下鉄車両の持ち主 ほか)

著者等紹介

所澤秀樹[ショザワヒデキ]
交通史・文化研究家、旅行作家。1960年、東京都生まれ。日本工業大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トリプルアクセル

4
濃い鉄道マニアの方がどう感じるかはわからないが、個人的には楽しめた。特に寝台列車の変遷は非常に興味深かった。2017/08/17

かめかめ

1
全体を俯瞰できることで「木を見て森を見ず」にならない。スマホでは深みがないし、実際に誤った(最短時間ではないなど)情報だったこともある。時刻表の見方には、少なからず知識が必要だが、暗号というほどおおげさなものではない。慣れてくるとこれほど「楽しい」ことはない、と確信している。個人的には最近は昔の時刻表を眺めることが好きである。2018/08/10

onepei

1
暗号というか時刻表解説というか2017/09/23

かわくん

1
列車番号がどう変わるか、複雑化した運賃の計算方法など、かなりマニアックな内容。好きな人はいいだろうが、鉄道輸送のダイナミズムに引かれる自分には物足りなかった。2017/09/06

のげぞう

0
昔の時刻表を使っての机上旅行と現在の首都圏の列車番号に関する話2017/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12209769

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。