光文社新書<br> ISの人質―13カ月の拘束、そして生還

個数:
電子版価格 ¥1,287
  • 電書あり

光文社新書
ISの人質―13カ月の拘束、そして生還

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 00時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 485p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334039448
  • NDC分類 949.76
  • Cコード C0298

出版社内容情報



プク・ダムスゴー[ダムスゴー プク]

山田美明[ヤマダ ヨシアキ]

内容説明

拘束に至る過程、拷問、他の人質たちとの共同生活、日常的な暴力、身代金交渉、家族による募金活動、そして間一髪の生還―。地獄を見た、24歳の写真家の過酷な体験を、著名ジャーナリストが丹念な周辺取材とともに書き下ろす。衝撃のノンフィクション。佐藤優氏推薦・解説。

目次

ジム、誕生日おめでとう
ヘデゴーのエリート体操選手
シリア周遊旅行
首の鎖
小児病院の人質たち
ダニエルとジェームズ
ダニエル、月が見える?
囚人服で見た世界
暗闇からのメール
実験
お母さん、ダニエルだよ
再び自由に
砂漠の死

著者等紹介

ダムスゴー,プク[ダムスゴー,プク] [Damsg〓rd,Puk]
1978年生まれ。アフガニスタンとパキスタンに長年住み、2011年よりDBC(デンマーク放送協会)の中東特派員を務める。ジャーナリスト、ライターとしていくつもの賞を受賞

山田美明[ヤマダヨシアキ]
英語・フランス語翻訳家。東京外国語大学英米語学科中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ねこまんま

31
少しは分かった気でいたが、「危険」の認識がそもそも違う。国境なき医師団でさえも拘束される世界に唖然とする。自分の命だけでなく、国益さえも損ない、政治的に利用されることの重さを危険地域に行く人はどこまでわかっているんだろうか。生還できたダニエルもは今後も後遺症に悩まされるだろうし、家族との関係も元通りというわけにはいかないと思う。知ること、知らせることは大事だけれど、拷問が当たり前の国なんてジャーナリストでも行ったらあかんよ。2017/01/08

doi

25
ISに囚われたデンマーク人ダニエルの経験談のようなもの。いや~本当に恐ろしいな、死ぬことよりも拷問されつつ生かされることの方が何倍も残酷で怖いや。とはいえアウシュビッツ収容所とかの方がヤバそうだし、身代金払えば釈放されるし、ISは意外と合理的な側面も大きい気がする。2016/12/24

若布酒まちゃひこ/びんた

21
戦略としての誘拐が書かれていたとおもった。人質としての日常の背後に耳をすませる本。2017/01/12

しろくま

12
シリア周辺に渡航する方は必ず読んで欲しい。人質の比較的優しい番兵が去り際に「他の仕事を見つけろ。ジャーナリストはやめておけ」と言った言葉が心に突き刺さる。死んで伝える事もあるが、生きてこそ伝えられる事の方が多い。2016/12/03

ブラックジャケット

8
東西冷戦が終わり、インターネットが登場した頃、世界は共通の価値観に向うのかな、と漠然に思ったが、逆に世界の分断と争いは激しさを増した。イスラム過激派はインターネットを利用し世界に拡大した。家庭用のハンディカムが、処刑シーンに使われ、そのショッキングな映像が世界中に拡散した。まさか、こんな時代になるとは想像もつかなかった…。そのシリアのISに拘束されたデンマークのカメラ青年ダニエルの迫真のノンフィクション。残酷な拷問、増える人質たちの身代金交渉。テロリストとは交渉しない強硬派の英米人質は…。衝撃の記録。 2021/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11172826

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。