光文社新書<br> 女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

光文社新書
女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月02日 01時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 257p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334038144
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C0236

内容説明

「うちの孫がそんなことをするはずがない」「うちの子には関係ない」「うちの生徒は大丈夫」「うちの地域は安全だ」―そう思っている大人にこそ、読んでほしい。

目次

第1章 レナ・17歳―「JKお散歩」の日常
第2章 サヤ・18歳―「JKリフレ」で働く理由
第3章 リエ・16歳―売春に行き着くまで
第4章 カオリ・18歳―社会に慣れるためのリハビリ
第5章 アヤ・16歳―家庭と学校に居場所を失う
第6章 表社会化する裏社会
第7章 少女たちのその後

著者等紹介

仁藤夢乃[ニトウユメノ]
1989年東京都生まれ。女子高校生サポートセンターColabo代表理事。中学生の頃から「渋谷ギャル」生活を送り、高校を二年で中退。ある講師との出会いをきっかけに農業、国際協力に触れ、明治学院大学に進学。在学中から、高校生に目を向けた活動を始める。2013年3月、『難民高校生』(英治出版)を出版。現在、声を上げることのできない少女たちの声を聴き、「居場所のない高校生」や「性的搾取の対象になりやすい女子高生」の問題を社会に発信するとともに「若者と社会をつなぐきっかけの場づくり」事業を展開し、少女たちの自立支援を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らむり

53
どこにでもいる普通の女子高生。根は良さそうな子ばかり。それだけに怖い……。著者が高校生とさほど変わらない20代半ばの方というのもびっくり。。2014/10/20

テツ

28
高校生なんてまだまだハナタレのガキなのにそんなガキから性的なものを搾取しようとするクソみたいな大人が社会には山ほどいるんだという事実にめまいと吐き気がする。勿論、経済的な問題も心の問題も関係なく、春をひさぐガキのケアはしなければいけないのだけれど、それ以上にそれを買おうとするアホな大人について考えなくちゃいけないよな。一度搾取されたらクセになる。失われた尊厳は呪いのようにつきまとう。ガキどもに自己肯定や救いを与えることと同時に、そんな弱い存在を貪ろうとする格好悪い大人への厳罰を。2018/09/07

Akihiro Nishio

28
先日のシンポジウムの演者の本を読む。自分は貧困には詳しい方と思っていたが、女子高生の事など考えたこともなく、驚きの連続だった。お散歩という職業があることさえ初めてしった。とにかく当てにならない親がいて、学校は助けにならず、裏社会の人は彼女らをサポートするすべを良く知っている(その後搾取するのだが)。仁藤さんの提案するように、表社会が裏社会にノウハウをもっと学ぶべきと思った。具体的には、良く言われることだが夜間の相談電話対応や、アウトリーチはあるべきだろう。大都市は予算があるのだからやってみたらどうか。2018/05/02

びすけっと

27
2014年8月刊。仁藤さんご自身のことを著した「難民高校生」を読んだなあと思い出しました。各章のインタビューはもちろん、6章は本当に衝撃。貧困や不安定な若年女性ばかりか、なんの不自由のない10代女性がアルバイト感覚でJK産業に身を投じてしまう驚きの内容でした。売春であることを全く意識していない。経営者や店長、スカウトたちの優しさを勘違いして捉えてしまっています。著者は関係性の貧困と言っています。なるほど。買う男性たちは取り締まられない現実。彼らの精神的貧困を何とかしなければ、根本的な解決は見られまい。2014/11/08

阿呆った(旧・ことうら)

25
JKビジネスに取り込まれている女子高生のルポ。■隣駅の繁華街で女子高生がビラを配ってたのはこれだったか!(お散歩?リフレ?)■『裏オプション』で売買春が行われているのですね。驚きなのは、JKビジネスを担うのは『貧困』『精神不安定』な子どもだけでなく、所謂『普通の子』も増加していること。■彼女達にとって、裏社会の人間の方が、行政や家族よりも、居場所づくりが上手いとは皮肉。2017/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8221059

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。