光文社新書<br> ひとりフラぶら散歩酒

電子版価格 ¥825
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
ひとりフラぶら散歩酒

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 285p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334037277
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0226

内容説明

日常を離れ、気になる場所をそぞろ歩き。そして至福の一杯。酒呑み/呑まれの達人が、気の向くまま風の吹くまま散歩に出かけ(ぶらぶら)、気になる酒場をはしご酒(フラフラ)。安上がりだけれど最高に贅沢な道楽。

目次

高尾山~府中で骨酒とヒレ酒を、ちょいと一杯
世田谷界隈、あちこち歩いたら最後はホッピーだ!
三浦海岸~鎌倉、昼から飲む酒はたまらん
立川~国分寺、競輪とモツ焼きの至福の夕べだ
箱根湯本~本厚木、そば&ホルモン酒の午後
ちょっと酔ったね、久我山、西荻、吉祥寺
秋の甲州路を歩いた後のキノコと酒の至福
勝沼にワインを訪ね八王子の焼鳥で締める
西浅草の焼きそば~神田のおでんへ
川崎~調布、多摩川渡る年末酒だ
新橋~有楽町、ひと駅酩酊散歩
神保町・後楽園、そして神楽坂
あきるの酒倉巡りと居酒屋酒

著者等紹介

大竹聡[オオタケサトシ]
1963年東京生まれ。大学卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクションを経てフリーに。2002年『酒とつまみ』を創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。