講談社文芸文庫<br> 幼年 その他

電子版価格 ¥1,463
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
幼年 その他

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 282p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062902199
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「幼年」は、堀辰雄の『幼年時代』の影響下に描かれ福永武彦の“幼くして失った母”という“原風景である。
そして“母”は、はかなく淡い観念として、この作家に、美しくも深く悲しい旋律を奏でる。
意識と無意識、現実と夢の境を行きつ戻りつ、ロマネスクな二重奏組曲。
福永文学の輝ける魅力をたたえた10編の作品集。

幼年
伝説
邯鄲
風雪
あなたの最も好きな場所
湖上
晩春記
旅への誘い
鴉のいる風景
夕焼雲


福永 武彦[フクナガ タケヒコ]
著・文・その他

内容説明

「幼年」は、堀辰雄の『幼年時代』の影響の下に描かれ福永武彦の“幼くして失った母”という原風景である。そして“母”は、はかなく淡い観念として、この作家に、美しくも深く悲しい旋律を奏でる。意識と無意識、現実と夢の境を行きつ戻りつ、ロマネスクな二重奏組曲。福永文学の輝ける魅力をたたえた十編の作品集。

著者等紹介

福永武彦[フクナガタケヒコ]
1918・3・19~1979・8・13。小説家、詩人、仏文学者。福岡県生まれ。東京帝国大学文学部仏文科卒業。1945年、帯広に疎開。47年、加藤周一、中村真一郎と「1946文学的考察」刊行。その後、戦後作家としての地位を築いた。主な著作に「ゴーギャンの世界」(毎日出版文化賞)、「死の島」(日本文学大賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

michel

12
★3.0.記憶・追憶・忘却・意識と幻想との往来で幼年期と対峙する。2020/09/13

9
愛する妹よ、いとしい子よ、行こう、二人して暮らすために、のどかな愛と、愛と死と、お前によく似た遠い国に。霧の空には、濡れた陽は、お前の涙のかげにかがやく、移り気な眼の、不可思議の、魅力のように、わたくしを焼く。そこにすべては整いと美と栄華と悦楽と静けさと。運河のほとり、船は眠り、さすらいの旅の想いをのせながら、お前の望みに、つくすために、船は来る、遠くこの世の極みから。沈む日のもと、野と運河と、すべての街はあかねの色に、こがねに燃える。世界は眠る、このあつい光のただ中に。 2015/02/10

endormeuse

1
表題作の『幼年』がとりわけ鮮烈。記憶のイマージュを丹念にかきわけるようなセンテンスを連ねていく文体が特徴的だが、あたかもそうした意識の流れが時間の継起性ごと切り裂かれるように、句点を待たない改行が視点変更を伴いながら唐突に侵入する。記憶の断片はついに確固とした像を切り結ぶことなく、追憶の対象となるべきだった多くの出来事が忘却の底に沈んでいることを知り、呆然と立ち竦む・・・実験的な形式の上に主題を見事に表現しつつ、劇的なポエジーを生んでいる。2019/07/13

よしひろ

1
ある種の孤独を漂わせた、静かな文章で書かれている。福永武彦の描く孤独は、生きることと切り離すことはできず、人間の宿命のようなものに思える。2014/05/10

るな

0
「幼年」は、幼くして母を亡くした作家が、懸命に幼年期の記憶を手繰り寄せたもの。その記憶の中にあるほのぼのとしたぬくもりや無垢な少年の面影は、ほほえましく、健気だ。現在と過去との対話、不可能な愛、死への願望、虚無、悔恨、退廃、孤独、戦争と病気という悪との対峙、美への憧憬など、福永文学のモチーフが散りばめられた短編集。こうした短編の集積として長編が成り立ったような気がする。 2017/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7822641

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。