• ポイントキャンペーン

光文社新書
指揮者の仕事術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 268p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334036041
  • NDC分類 761.9
  • Cコード C0273

内容説明

弦が切れる、打楽器が床に落ちる、管の内部に水蒸気が詰まる、オペラ歌手が歌を間違える…そんな時こそ指揮者の出番です!現役指揮者だから語れる「自ら音を出さない音楽家」のリーダーシップ論。

目次

第1章 「攻撃と守備」から考える―危機管理という仕事
第2章 聴こえない音を振る―音を出さない演奏家
第3章 リハーサルこそ真骨頂―プロを納得させるプロ
第4章 「正しく直す」って何だろう?―魅惑の「ズラシのテクニック」
第5章 言葉に命を吹き込む仕事―「第九交響曲」の魂を訪ねて
第6章 片耳だけで聴く音楽?―野生の両耳/知性の利き耳
第7章 「総合力」のリーダーシップ―指揮者ヴァーグナーから学ぶこと
終章 「夢見るちから」を生かすために

著者等紹介

伊東乾[イトウケン]
作曲家=指揮者。ベルリン・ラオムムジーク・コレギウム芸術監督。東京大学大学院情報学環・作曲=指揮・情報詩学研究室准教授。東京大学理学部物理学科、同修士課程、同総合文化研究科博士課程修了。第一回出光音楽賞ほか受賞。創作・演奏の傍ら脳認知生理学に基づく音楽表現の国際基礎研究プロジェクトも推進する。『さよなら、サイレント・ネイビー』(集英社文庫)で第四回開高健ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。