光文社新書<br> 破天―インド仏教徒の頂点に立つ日本人

電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
破天―インド仏教徒の頂点に立つ日本人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 597p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334034771
  • NDC分類 182.25
  • Cコード C0215

内容説明

佐々井秀嶺―約四〇年間、一度も日本に帰国せず、灼熱の大地・インドで不可触民解放と仏教振興運動に命を捧げる僧侶がいる。今日、佐々井は全インドにちらばる仏教徒のみならず、その名を全インドに広く知られ、“不可触民解放の父・アンベードカル”の遺志を継ぐ大指導者として、ラジヴ・ガンディー以後、歴代大統領、首相たちで知らぬ者のない“荒法師”である。異国に生き、その他の何百万、何千万という民衆にかくも慕われ、その魂に溶け入った日本人がかつて存在しただろうか?女に悩み、“人間失格者”と自らに烙印を押してきた、悩み尽きない数奇にして波瀾万丈の彼の人生は、日本の民衆とインドの民衆が織りなす壮大なドラマである。

目次

第1部 人間失格、そして出家(生い立ち;再び故郷へ;出家)
第2部 インドへ(汝速やかに南天竜宮城へ行け;インド仏教徒の中へ;さらに民衆の懐深く;国外追放の危機)
第3部 永遠の求道(大菩提寺奪還闘争;不屈の前進;無期限闘争宣言;秀嶺を取り巻く群像)

著者等紹介

山際素男[ヤマギワモトオ]
1929年三重県生まれ。法政大学国文科卒業。インド国立パトナ大学、ビスババラティ大学に留学。’98年、古代インドの大叙事詩『マハーバーラタ』の翻訳で第34回日本翻訳出版文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。