光文社新書<br> 人が壊れてゆく職場―自分を守るために何が必要か

電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
人が壊れてゆく職場―自分を守るために何が必要か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 234p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334034627
  • NDC分類 366.021
  • Cコード C0236

内容説明

現代の労働者の困窮は、働く権利の問題だけではなく、「貧困」という生活全体の困窮の問題に広がり始めている。本書は、実際に起きた事件から、「法令を守らない使用者」と「立場の弱い労働者」にスポットを当て、格差、ワーキング・プア、貧困問題に風穴をあける取り組みを紹介する。

目次

第1章 管理職と残業代―マクドナルド判決に続け
第2章 給与の一方的減額は可能か?―契約法の大原則
第3章 いじめとパワハラ―現代日本社会の病巣
第4章 解雇とは?―実は難しい判断
第5章 日本版「依頼人」―ワーキング・プアの「雇い止め」
第6章 女性一人の訴え―増える企業の「ユーザー感覚」
第7章 労働組合って何?―団結の力を知る
第8章 アルバイトでも、パートでも―一人一人の働く権利
終章 貧困から抜け出すために―法の定める権利の実現

著者等紹介

笹山尚人[ササヤマナオト]
1970年北海道札幌市生まれ。’94年中央大学法学部卒業。2000年弁護士登録。第二東京弁護士会会員。東京法律事務所所属。弁護士登録以来、「ヨドバシカメラ事件」など、青年労働者、非正規雇用労働者の権利問題を中心に事件を担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ハッシー

104
★★★☆☆ 労働事件を取り扱う弁護士が、「法令を守らない使用者」から「立場の弱い労働者」をどう守るかという社会的な問題を、実際に担当した事件を通して解説する。10年以上昔、自分も労働組合で活動をしていたが、この本で紹介された実態と比べると、かなり恵まれた環境にいたのだと実感した。労働者をモノのように扱う悪徳業者の実態は酷いものだ。現代の労働者の困窮を、企業側の政策と、それを後押ししてきた政治を原因とする問題提起は的を得ていると思う。2018/11/13

カッパ

22
弁護士の先生が書いた本。だから客観的に分析してるともいえる。未払いやパワハラ。管理職だと残業代が出ないなど解雇以外にも沢山の人が壊れるような体験をしているのである。そんな風になったのは原因は複合的であろう。2018/05/10

白義

12
労働法実践編という感じの本。多くの労働事件に携わった弁護士が、印象的なケースを紹介し、理不尽な解雇やパワハラに対する戦い方、法的に勝てるラインを実話から教えてくれる名著。横暴な雇用者の蛮行、いいように使われる労働者という現実と、それを打開するために立ち上がった人々の活動を生で感じることの出来る名著。第五章の「日本版「依頼人」」はまるでショートドラマのような鮮やかさで、派遣元からの解雇や雇い止め問題をあつかっている。笹山氏の著作は信頼できるものが多く、素晴らしい仕事をしているようだ2013/04/16

みのたか

8
タイトルから想定していた内容とは異なり、労働問題の事案を扱う弁護士の著書。具体例を示しての労働に関する問題の対応が記述されていて、かなりわかりやすい。何となく会社に慣らされている部分もあることに気付かされた。2011/06/28

アルゴン

8
★★★★  精神医学系かと思いきやバリバリの労働問題系。理不尽なことされても「これだけのものがあれば裁判で勝てる」ことが分かる良書だと思います。これだけいろいろな事例にあたられているので作者は超がつくほどのベテランかと思いきや思ったより若かった。といっても僕よりはけっこう年上でしたが。2010/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/46330

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。