カッパ・ノベルス<br> 山手線5.8キロの証言

カッパ・ノベルス
山手線5.8キロの証言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 220p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784334027476
  • NDC分類 913.6

内容説明

旅行雑誌の編集者・香月修は、帰宅途中、何者かに襲われ、殴殺された。物盗りでもなく、人に恨まれることもない。彼は山手線1周の取材に携わっていただけだ。ところが、香月が車窓から撮影した写真が、死後、奪われてしまった!香月はいったい何を目撃したのか?ここに動機を求めて、十津川警部は山手線の乗客の中から目撃者捜しを始めたが…。一方、取材の話を聞いたホステス・北村友美も失踪、多摩川で死体となって発見された。遺された大粒のルビーの指輪に秘密が?旅情と謎とを見事に融合した。“トラベル・ミステリー”の秀作を集めた最新傑作集待望の第6弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エヌ氏の部屋でノックの音が・・・

8
 「勝手に列車祭」第139弾。この本は1冊であり文庫コレクション265冊目であった。1991年 2月20日 初版。短編集であった。表題作は山手線での事件だが、誘拐犯と被害者が示談していたため、表面化していなかった。キレッキレの日本一忙しい警部は、山手線の外側200メートルにこだわる。鍵は結局千葉から来た行商のおばさんだが、これが書かれた’87年で山手線に行商が乗るのかと思った。2016/11/26

コマンドー者

0
十津川ものの88年発表の短編集。さすがにこの頃になると、若干プロットやオチが強引かなと思うものが増えてきたが、安定して楽しめるのはさすがだ。2022/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/133170

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。