「いのち」の話がしたい―在宅ホスピス医・内藤いづみ対談集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784333022762
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

在宅ケアに携わる医師が、日本を代表する三人のオピニオンリーダーと語る「生」と「死」。

目次

第1章 豊かな人生の最終章―人間は物語を生きている(柳田邦男(ノンフィクション作家))(日本の在宅医療の現状;在宅ケアと病院のホスピスの歩み;終末期医療の広がりのなかで ほか)
第2章 生きる力、生かす力―いのちのバトンタッチ(中村桂子(JT生命誌研究館館長))(「人生で最初の死」との出合い;「いのち」の誕生から見つめ続ける;「生き物」とは「反応するもの」である ほか)
第3章 自分を失わずに生きる―与えてこそ自分も生かされる(曽野綾子(作家))(「多くを受けて、多くを与える幸い」;人との関係で大切な感謝と信頼;生と死を教える教育の必要性 ほか)

著者等紹介

内藤いづみ[ナイトウイズミ]
1956年生まれ。山梨県市川三郷町(旧・六郷町)出身。福島県立医大卒業後、東京女子医大内科等に勤務。1986年から英国プリンス・オブ・ウェールズ・ホスピスで研修を受け、1995年、甲府にふじ内科クリニックを設立、院長となる。日本ホスピス・在宅ケア研究会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「いのちって何? なぜ人は生まれ、死んでゆくの? 死ぬのはどうして怖いの?」。在宅ホスピス医が日本を代表するオピニオンリーダー、柳田邦男・中村桂子・曽野綾子と生命、教育、医療、人生について熱き思いを語る。