CIA秘録〈下〉―その誕生から今日まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 476p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163708102
  • NDC分類 319.53
  • Cコード C0098

内容説明

ソ連内部に浸透していたスパイは、CIA内部のスパイによって全滅。CIAは冷戦の終結を予見できない。目的を見失った諜報組織は、経済を旗印に当選した新大統領のもと経済諜報にターゲットを移す。冷戦時代に自ら蒔いたその種が、毒をもったつたとなって帝国に巻きつこうとしていることも知らずに…。全米図書賞受賞。

目次

第3部 承前 1961年~1968年 ケネディ、ジョンソン時代(「知恵よりも勇気」マコーンの辞任;「長い下り坂の始まり」新長官、ラオス、タイ、インドネシア ほか)
第4部 1968年~1977年 ニクソン、フォード時代(「あの間抜けどもは何をしているのだ」ニクソンとキッシンジャー;「米政府は軍事的解決を望む」チリ、アジェンデ政権の転覆 ほか)
第5部 1977年~1993年 カーター、レーガン、ブッシュ・シニア時代(「カーターは体制の転覆を図っている」カーター人権外交;「ただぐっすり寝込んでいたのだ」イラン革命 ほか)
第6部 1993年~2007年 クリントン、ブッシュ時代(「われわれにはまったく事実がなかった」ソマリア暴動;「一体全体どうして分からなかったのか」エームズ事件 ほか)