福祉の経済学―21世紀の年金・医療・失業・介護

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 245p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784332600831
  • NDC分類 364
  • Cコード C3036

内容説明

公的年金、健康保険、失業保険、介護保険は経済的効率性を高める機能があることを主張。情報、リスク、不確実性など情報の経済学を使用して社会保障制度の必要性を論証。日本の社会保障制度改革を論ずる際にも有益な論点を提示。福祉国家を経済学的に理解する最適の入門書。

目次

第1部 経済理論(市場と情報)
第2部 保険(民間失業保険という妄想;医療保険における問題点;21世紀の保険問題)
第3部 年金(年金の経済学;年金の制度設計に対して誤解を与える指針;年金の制度設計:その選択肢;21世紀の年金問題)
第4部(変化する世界の中の福祉国家)

著者等紹介

バー,ニコラス[バー,ニコラス][Barr,Nicholas]
ロンドン・スクール・オブ・エコノミックスLSEの教授。世界で広く読まれている『福祉国家の経済学』の著者

菅沼隆[スガヌマタカシ]
1960年生まれ。1990年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。1990年東京大学社会科学研究所助手。1993年信州大学経済学部助教授。1997年立教大学経済学部助教授。2005年立教大学経済学部教授。2003年~2004年デンマーク・ロスキレ大学社会科学学部客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。