廣済堂ライブラリー
美術館はどこへ?―ミュージアムの過去・現在・未来

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784331850169
  • NDC分類 706.9
  • Cコード C1070

内容説明

ミュージアムという文化装置は、国民国家の成立と歩調をあわせて誕生した。その設立と発展の経緯を解き明かし、未来像を探る。

目次

ムセイオンからミュージアムへ―記憶の集積される場
ルーヴル美術館―近代美術館と国民国家
万国博覧会―一九世紀のスペクタクル空間
データベース―複製技術と美術館
MoMA―作られた「世界標準」
ポンピドゥー・センター―「空想の美術館」の現在形
作品と場所―ホワイト・キューブからの逃走
ポストモダニズム―開かれた空間の出現
国際展―ナショナリズム依拠の限界
メディアアート―複数性の視聴覚体験〔ほか〕

著者等紹介

暮沢剛巳[クレサワタケミ]
1966年、青森県生まれ。慶応義塾大学文学部卒。美術・建築・デザインなどを対象とした評論や翻訳活動を行なっている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。