交通新聞社新書<br> 駅弁革命―「東京の駅弁」にかけた料理人・横山勉の挑戦

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

交通新聞社新書
駅弁革命―「東京の駅弁」にかけた料理人・横山勉の挑戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月21日 07時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 247p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784330137100
  • NDC分類 596.4
  • Cコード C0265

内容説明

特徴のない東京の駅弁を変える!地方の名産を盛り込み、旅情たっぷりに仕立てるのが一般的な駅弁のイメージだが、東京の場合はどうなのか?本書は、「冷めてもおいしい」という料理の異色ジャンルに足を踏み入れた一料理人の苦悩、試行錯誤、挑戦と、東京発の大ヒット駅弁を次々と生み出したプロセスを追うヒューマン・ドキュメント。

目次

序章 低迷―料亭の料理人が「駅弁」の世界へ
第1章 助走 「高くてまずい駅弁」を変える―季節の吹き寄せ弁当
第2章 始動 「冷めてもおいしいご飯」を追求―幸福べんとう
第3章 転機 2000円台のプロデュース弁当に挑戦―大人の休日弁当
第4章 力強い一歩 東京名物の駅弁を作りたい―東京弁当
第5章 さらなる高みへ 日本の美味を集めた究極の駅弁―極附弁当
第6章 既成概念を破る 一人で始めたもうひとつの革命―北海味メッセ
第7章 航海は続く―未来へと続く「駅弁革命」

著者等紹介

小林祐一[コバヤシユウイチ]
東京都生まれ。(有)小林編集事務所代表。歴史紀行、文化財探訪などのジャンルを中心に取材・執筆・講演を行なう

小林裕子[コバヤシヒロコ]
新潟県生まれ。上智大学文学部卒業。出版社等で飲食店業界の専門誌の編集、健康情報誌の編集を経験し、フリーランスのライター・エディターに。現在、(有)小林編集事務所を主宰し、「人と仕事」「転職」「資格」「中高年世代のセカンドライフ」「福祉」といったジャンルを中心に編集・取材・執筆活動を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Dice

9
冷めても美味しい駅弁への挑戦の道のり。昔は、高くてまずいなんて言われていたのか…ふむふむ。たくさんの人の努力の結晶なんだなぁとしみじみ思いました。2016/06/10

†漆黒ノ堕天使むきめい†

6
横山氏が料理人として、奮闘していることを書いてあるけど、本人が書いたほうが良いんじゃないのかな。とは思いました。冷めたほうが美味しいのが駅弁ではないか。面白いです。2016/06/05

chisa

2
「冷めてもおいしい」東京の駅弁の開発のエピソード。美味しいのはもちろん、衛生検査というのが難関なのが非常によくわかる。・・・そういえばNREの駅弁って食べたことがなかった・・・2013/06/02

多分、器用です

1
NREの駅弁もやり方もすっごく嫌いなんだけれど。この本は、というと美味しい駅弁をNREが作る軌跡を叙述。ただ、著者はまったく駅弁に興味がなかったとのこと。じゃあなんでこんな本書いたの?って疑問が浮かぶ。しかも交通新聞社から発行されてるし。ってことを考えるとNREのよいしょ本じゃないの?って思ってしまう。著者がなぜこのテーマを取り上げたのか?興味はないのにね。2012/06/28

かー

1
読むと駅弁が食べたくなる本。2010/08/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/401537

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。