エートル叢書<br> アトラス―迷宮のボルヘス

個数:

エートル叢書
アトラス―迷宮のボルヘス

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年07月04日 11時40分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 108p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784329010100
  • NDC分類 965
  • Cコード C0310

内容説明

アルゼンチンの生んだ偉大なる盲目の作家ボルヘス最晩年の世界旅行記。ミノタウロス=作家の描く迷宮地図には「世界」そのものが含まれている。

目次

ガリアの女神
トーテム
カエサル
アイルランド

イスタンブール
天恵
ヴェネツィア
ボッリーニの抜け道
ポセイドンの神殿〔ほか〕

著者等紹介

鼓宗[ツズミシュウ]
1965年、兵庫県神戸市生まれ。神戸市外国語大学修士課程修了。訳書アドルフォ・ビオイ=カサレス『脱獄計画』(共訳)オクタビオ・パス『三極の星』
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コットン

68
旅の写真と文章で構成された軽いエッセイ集の趣で、理解できているとはいいがたいが、深い洞察の中から生み出された言葉の数々が印象深い。縦横無尽な方向性は次の言葉からも…「わたしの肉体は、ルツェルン、コロラド、カイロのいずれにも存在し得る。しかし毎朝、目を覚ましてボルヘスであるという習慣を再び身にまとう時…」2017/07/26

misui

5
詩文集のようなエッセイのような旅の記録。これはボルヘスに一通り親しんでから読むともっと楽しめるかなぁ。世界はプラトン的な原型の影に過ぎず、言葉はさらにその影、ということは世界は鏡の乱反射、みたいなことを勝手に受け取ったが読む人ごとに違ってきそうである。あと、ボルヘスの日本についての知識はラフカディオ・ハーン経由っぽい。2011/11/11

roughfractus02

3
盲者は自らの写真を見ないのではない。盲者は写真によって眼があるから見るという偏見を打ち破るのだ。ファインダーを覗かず、シャッターを押さない著者は、付き添う女性が撮影した写真を見ないが、その場所の固有名を聴く。そしてガリアの女神から出雲大社までの写真の傍に、様々な固有名が添えられるのだが、歴史の深みを示すそれら文字も彼が書いたものではない。が、この二つの間接性を承知しても、読者は写真と文字にボルヘスなる固有名を見出すだろう。本書は読者に視覚の本性を突きつける。あなたは眼があるにもかかわらず見ているのだ、と。2017/11/22

べる

1
旅に関連するボルヘスの詩文集。都市、歴史、時間に及ぶ彼の幻想的哲学であり、時間という無限の流れに遊ぶものである。世界という枠組み、言葉という機能、この中に人間がいて、神という絶対的存在を証明しようとする。クレタの迷宮を時間になぞらえ、彷徨い行くものだと唱えている。世界の流れを緩やかな薄命の中で見つめてきたボルヘスの欠片である。2013/08/06

tokky.com(dm)

0
旅に値するボルヘスが旅をした記録。写真の多くは恐らく「時間」を封じ込めたものだ。そして、その中にボルヘス本人も時折楽しげに写り込む。この遊戯を彼は楽しんだに違いない。2012/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/486532

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。