小林惠子日本古代史シリーズ<br> 史上から消された聖徳太子・山背王朝―七世紀(2)初唐時代

個数:
  • ポイントキャンペーン

小林惠子日本古代史シリーズ
史上から消された聖徳太子・山背王朝―七世紀(2)初唐時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 13時10分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784329004765
  • NDC分類 210.34

目次

第1章 “大化改新”の真相(明治百年、つくられた“大化改新”;“改新の詔”は存在したか;山上憶良「貧窮問答歌」の社会)
第2章 蘇我一族の内紛と唐の介入(百済の政治家、蘇我一族の登場;大王位をめぐる蘇我一族の死闘;唐・三国の攻防と馬子暗殺)
第3章 山背王朝の滅亡と“乙巳の変”(孝徳はどこから来たか;ゆらぐ山背王朝;山背王朝滅亡・影の主役たち;“乙巳の変”の真相)
第4章 太宗の高句麗征伐を決断させた山背王朝の滅亡(高向玄理と蓋蘇文;唐・太宗の高句麗親征と“乙巳の変”;つかの間の古人大王・皇極朝)
第5章 対唐戦に備える孝徳朝(百済義慈王の倭国進出;蘇我一族の経済力とその興亡;蘇我石川麻呂の遭難;消されたもうひとりの女帝;右大臣大友馬養と左大臣巨勢徳陀;義慈王の太子・孝の白雉朝)

著者紹介

小林惠子[コバヤシヤスコ]
旧姓・稻田。1936年生。1958年岡山大学法文学部文学科東洋史専攻卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)