小林惠子日本古代史シリーズ<br> 聖徳太子の正体―七世紀〈1〉隋から唐へ

個数:
  • ポイントキャンペーン

小林惠子日本古代史シリーズ
聖徳太子の正体―七世紀〈1〉隋から唐へ

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784329004758
  • NDC分類 210.33

内容説明

突厥の大可汗達頭は巨大帝国隋との戦いに敗れ列島に逃れ倭王タリシヒコとなった。後に聖徳太子として信仰の対象になった人である。

目次

第1章 聖徳太子の謎(聖徳太子は倭王だった;十七条憲法の真実 ほか)
第2章 アジアの雄、突厥達頭可汗(西突厥とサーサーン朝ペルシアが共闘してエフタルを破る;隋に追われ中国史上より消えた達頭可汗 ほか)
第3章 倭国を遠隔操作する達頭(エフタル系欽明朝対突厥系敏達朝の攻防;敏達・用明・崇峻・聖徳太子四代の后、推古天皇 ほか)
第4章 倭王タリシヒコの外交(タリシヒコの倭国、六〇八年に隋と講和する;隋への救援を蘇我馬子に阻止される ほか)

著者紹介

小林惠子[コバヤシヤスコ]
旧姓、稻田。1936年生。1958年岡山大学法文学部文学科東洋史専攻卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)