白と黒で―写真と…

個数:

白と黒で―写真と…

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784329004338
  • NDC分類 740.1
  • Cコード C0072

内容説明

ベッヒャー派に「ヨーロッパ近代」をめぐる政治を看破し、ゲルハルト・リヒターにはその多様なスタイルを統一するマトリクスを組みたて、森山大道を裸にして「写真よさようなら」から「プラットフォーム」にいたる写真リアリズムの蘇生を論じる。写真の過剰、批評の不在という現代に向けられた本格的な写真論、ここに誕生。

目次

Becher Schule(無人風景;“D”線上のアリア ほか)
Gerhard Richter(アブストラクト・ペインティングの成立;アブストラクト・ペインティングの変容)
森山大道(暗室の路上;砂漠よさようなら)
写真批評(批評の不在、写真の過剰;カラー写真の過去と現在 ほか)

著者紹介

清水穣[シミズミノル]
1963年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科ドイツ文学専攻科修了。ドイツ留学ののち1992年から同志社大学で教える。1998‐2000年、ケルン大学音楽学研究所客員教授。現在同志社大学言語文化教育研究センター助教授。専攻は現代音楽(電子音楽、特にシュトックハウゼン)と写真論