英文精読教室〈第2巻〉他人になってみる

個数:

英文精読教室〈第2巻〉他人になってみる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月20日 00時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 243p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784327099022
  • NDC分類 837.7
  • Cコード C1082

内容説明

最高の物語、丁寧な注釈、信頼できる訳文。「英語」を捏造するアジア人、独自の愛を見出す女の子、過酷な生を生きるアフリカン=アメリカンの若者…英語で書かれた小説を辞書なしで100%楽しむ本。

目次

スチュアート・ダイベック「ファーウェル」
ポール・ボウルズ「あんたはあたしじゃない」
レベッカ・ブラウン「A Vision」
リン・ディン「“!”」
アグネス・オーエンズ「機能不全家族」
ナナ・クワメ・アジェイ=ブレニヤー「ザ・フィンケルスティーン5」
授業後の雑談

著者等紹介

柴田元幸[シバタモトユキ]
翻訳家、東京大学名誉教授。東京都生まれ。現代アメリカ文学を数多く翻訳。2010年、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』(新潮社)で日本翻訳文化賞を受賞。文芸誌『MONKEY』、および英語文芸誌MONKEY責任編集。2017年、早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

DEN2RO

0
英語の小説を原文で読むシリーズの第2巻。故郷を失った異文化からの移住者、精神病棟を抜け出す夢、同性愛者が回想する少女時代、最底辺の子供の悲惨な境遇、でたらめな英語を教えるベトナム人教師、そしてアフリカ系アメリカ人が生きる過酷さ。他者の身になって読む物語です。2022/02/19

Omelette

0
最初のほう、第1巻より収録作品がつまらなく感じ、この分だと第3巻以降読むのはしんどいかなと思ったけど、中盤以降はちゃんとおもしろかった。あいかわらず解説は淡白で、必要最低限に近い。2021/08/26

ゆたち

0
the finkelstein 5に印象を全部持っていかれた感じ。第一巻も含めて1番長い話だったが一気に読んでしまった。フィクションでありながらフィクションではない。BLM運動にも通じる話。2021/05/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17787209

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。