双書ジェンダー分析
対等な夫婦は幸せか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326648764
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C3336

出版社内容情報

共働きが多数を占めるようになってきた現在、それは夫婦関係をどう変えるのか。結婚、離婚、家計、働き方、政治参加から、これからの夫婦が直面する課題を提示する。

男性のコミュニケーション能力低下が未婚化をすすめたのか?離婚が増加するのはなぜか?共働きで夫はストレスがたまるのか?女性の社会参加は政治参加につながるか?社会学、経済学、社会心理学、政治学の若手研究者が、男性・女性の生き方の変化を指摘する。東京大学社会科学研究所への寄託データを用いた計量的実証研究。

[関連書] 『家族のライフスタイルを問う』(勁草書房刊}

序章 共働きが変える夫婦関係

Ⅰ 結婚・離婚にみる男女関係の変化

第1章 結婚の際に男性に求められる資質の変化
第2章 なぜ離婚リスクは社会階層により異なるのか

Ⅱ 夫婦間のサポート関係

第3章 夫婦間で仕事と家事の交換は可能か
第4章 共働きで夫はストレスがたまるのか
第5章 夫のサポートが夫婦の結婚満足感を高める

Ⅲ 女性の就業と社会参加

第6章 性別役割分業と政治参加
第7章 夫婦の働き方戦略
終章  対等な夫婦は幸せか

参考文献
あとがき
索引

内容説明

共働きが多数を占めるようになってきた現在、夫婦関係はどう変わるのか。結婚、離婚、家計、働き方、政治参加から、これからの夫婦が直面する課題を提示する。

目次

共働きが変える夫婦関係
1 結婚・離婚にみる男女関係の変化(結婚の際に男性に求められる資質の変化―対人関係能力の結婚との関係;なぜ離婚リスクは社会階層により異なるのか)
2 夫婦間のサポート関係(夫婦間で仕事と家事の変換は可能か;共働きで夫はストレスがたまるのか;夫のサポートが夫婦の結婚満足感を高める)
3 女性の就業と社会参加(性別役割分業と政治参加;夫婦の働き方戦略―戦略の自由度、性別役割分業戦略、共働戦略)
対等な夫婦は幸せか

著者等紹介

永井暁子[ナガイアキコ]
東京大学社会科学研究所助教授。1965年生まれ。1991年北海道大学大学院文学研究科修士課程修了/文学修士。1993年東京都立大学大学院社会科学研究科修士課程修了/修士(社会福祉)。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得満期修了。専攻:家族社会学

松田茂樹[マツダシゲキ]
第一生命経済研究所ライフデザイン研究本部副主任研究員。1970年生まれ。2001年慶応義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了/修士(社会学)。2004年慶応義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学/博士(社会学)。専攻:家族社会学、社会的ネットワーク論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

toshiko

1
統計学的手法を用いた学術書。結婚の際に男性に求められる資質とは,近年では対人関係能力である。離婚のリスクは農業層とホワイトカラー層では発生しにくい。共働きで夫はストレスが溜まるかについては,女性の就業に肯定的なら,自分が参加する家事の数が少ないほどストレスが溜まりやすい。否定的なら,参加する家事の数が多いほどストレスが溜まる。対等な夫婦での妻の結婚満足度は,夫からの十分なサポートを受けていると感じているときに高まる。そうすると妻が夫に優しく接するので,結果的に夫の結婚満足度が高まるという構造。2014/03/24

草津仁秋斗

0
資料に借りた学術書。対等な夫婦は本当に幸せなのか、様々な観点から調査した論が載っている。2014/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1378794

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。