自由市場の道徳性―オーストリア学派の政治経済学

個数:
  • ポイントキャンペーン

自由市場の道徳性―オーストリア学派の政治経済学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 08時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 379,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326550319
  • NDC分類 331.71
  • Cコード C3033

出版社内容情報

いわゆるニューライトの政治経済学および哲学の最も重要な源泉の一つであるオーストリア学派の考え方を概説する。自由市場の性質と機能,自由と平等の問題,福祉国家,等。

【目次】
Ⅰ 哲学
第1章 哲学的ルーツと方法
  オーストリア学派の多様性
  人間行為学
  科学主義
  主観主義
  方法論的個人主義

第2章 意図せざる結果、知識、歴史主義
  人間的行為の意図せざる結果
  知識の種類とその限界
  知識社会学
  歴史主義

Ⅱ 市場
第3章 市場の性質と諸機能
  定義と諸起源
  市場の性質についてのさまざまな概念

第4章 市場と道徳性
  功利主義  オーストリア学派の功利主義論
  利己心
  利他心、キリスト教、市場

Ⅲ 自由と平等
第5章 自由
  序
  消極的自由と積極的自由
  オーストリアンの自由概念
  「餓死する自由」
  自由主義と資本主義
  人びとは本当に自由を欲しているのか

第6章 平等
  何の平等か
  オーストリアンの平等論
  いくつかの平等賛成論
  機会の平等
  最近のいくつかの平等擁護論
  結論

Ⅳ 実際的政治課題
第7章 福祉国家
  起源と正当化
  オーストリア学派と国家による福祉
  英国国民健康保険制度
  結論

第8章 失業とインフレーション
  定義、測定法、趨勢
  需要不足か労働市場の失敗か
  需要管理の失敗
  労働市場の歪み
  急進左派の見解
  オーストリアンの立場―要約
  結論

第9章 経済成長と成長のコスト
  定義
  成長率の傾向
  経済的パフォーマンスの尺度としてのGDPの欠陥
  成長の原因論
  外部性
  成長のコスト
  成長擁護論
  地球終末論
  オーストリアンの見解
  結論

第10章 結論的覚え書
  個人主義反対論
  集散主義反対論
  サッチャリズム
  1980年代の英国政府の記録
  1980年代の英国政府の政策に与えたオーストリアンの影響
  オーストリアンの思想の限定された受容

補遺


訳者解説
参考文献
索引    

内容説明

市場社会はエゴイズムと物欲を助長するか。自由市場の本来の姿を明らかにし、批判者の誤解から救い出す。ニューライト思想入門。

目次

1 哲学
2 市場
3 自由と平等
4 実際的政治課題

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ステビア

11
解説と結論だけ。あまり精読する気にならなかった(笑)ごめんなさい!2014/10/13

脳疣沼

3
いろいろと考えさせられる。明確な答えはないが、だれもが本書の論題に対して哲学者になれる。数式たっぷりの経済学書なんて読めないのなら、道徳的側面を一個人として考えたい。2019/05/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1429053
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。