法理学と経済学―規範的「法と経済学」の再定位

個数:

法理学と経済学―規範的「法と経済学」の再定位

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年08月19日 20時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 173p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326402465
  • NDC分類 321.1
  • Cコード C3032

内容説明

法学にとって、経済学に何ができるか。規範的な「法と経済学」研究の可能性を問い、法学研究における経済学の位置を見極める試論。

目次

第1部 「法と経済学」の法理学的基礎(リチャード・ポズナーの規範的「法と経済学」;キャプロー・シャヴェルの厚生経済学的「法と経済学」;法学研究における経済学の位置)
第2部 実定法への視座(不完備契約理論と解雇規制法理;司法の規制緩和と弁護活動の理念;平等と平等化の倫理的基礎)

著者等紹介

常木淳[ツネキアツシ]
1959年福井県生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程中退、1987年ブリティッシュ・コロンビア大学Ph.D.(経済学)。大阪大学社会経済研究所教授。法の経済分析、公共経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

法学にとって、経済学に何ができるか。規範的な「法と経済学」研究の可能性を問い、法学研究における経済学の位置を見極める試論。解雇規制や司法の規制緩和を例に。

過剰な期待の時期も感情的な反発の時期も過去のものだとし、より生産的な「法学にとっての経済学の活用」を問う「法と経済学」研究。複雑で微妙なアートの側面をもつ法解釈学方法論・法的思考を、経済学者の立場から視覚化し、法学研究と経済学研究の相互フィードバック関係の確立を訴える。結局、法学にとって、経済学に何ができるのか。

[関連書] 『<法と経済学>の社会規範論』 (小社刊)

はじめに

   第1部 「法と経済学」の法理学的基礎

第1章 リチャード・ポズナーの規範的「法と経済学」

 1 ポズナーの挑戦
 2 富および富最大化の定義
 3 富最大化基準はいかなる意味で功利主義の限界を克服するか?
 4 境界問題への対応
 5 富最大化基準の技術的利点と欠点
 6 富最大化基準の倫理的位置づけ
 7 富最大化基準の法的位置づけ
 8 ポズナーの隘路

第2章 キャプロー・シャヴェルの厚生経済学的「法と経済学」

 1 規範的「法と経済学」の復権
 2 社会厚生の概念
 3 効率性と公平性
 4 ポズナーのアプローチとの相違
 5 フェアネスの概念
 6 フェアネスか厚生か?
 7 フェアネスと社会規範
 8 ドゥウォーキン批判
 9 厚生経済学的アプローチと法的正当化
 10 結語

第3章 法学研究における経済学の位置

 1 「法と経済学」の方法論
 2 フェアネスの概念をめぐる論争の日本における妥当性
 3 法学における経済学の利用
 4 存在と当為
 5 効用の個人間比較
 6 経済モデルの実証的不確定性
 7 経済モデルの理論的抽象性と非現実性
 8 合理性の限界と法的パターナリズム
 9 結論──結局、法学にとって経済学に何ができるか?

   第2部 実定法への視座

第4章 不完備契約理論と解雇規制法理

 1 課題の設定
 2 法学と経済学の規範的対立
 3 不完備契約理論による解雇規制の正当化
 4 日本的雇用システムと日本の労働法制との相互関係
 5 解雇規制の経済効果
 6 内田貴教授による長期継続契約保護法理の擁護について
 7 長期継続契約保護法理の思想的正当化について
 8 日本の労働法制の将来像

第5章 司法の規制緩和と弁護活動の理念

 1 司法改革理念の錯綜
 2 国民主権と司法の自律性
 3 人権概念の変容と司法の応答性
 4 司法改革をめぐる理念的対立の構図
 5 弁護士サーヴィス市場の規制緩和の必要性
 6 弁護士サーヴィス市場の規制緩和の経済社会的効果
 7 規制緩和の影の部分
 8 規制緩和と弁護士モラルの変質
 9 規制緩和と「法のもとにおける平等」
 10 結語

第6章 平等と平等化の倫理的基礎

 1 序論
 2 事実と価値
 3 平等と自由
 4 厚生と権利
 5 効率と公平
 6 政治と道徳
 7 正義と美徳
 8 要約と展望

用語説明
文献表
あとがき
索引