文化進化の考古学

個数:
  • ポイントキャンペーン

文化進化の考古学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年12月18日 03時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326248452
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C3020

内容説明

生物進化の考え方は、祖先から継承されてきた文化進化にもつかえる。歴史科学構築の基盤を提供する研究成果。

目次

第1章 現代的な文化進化の理論
第2章 遠賀川式土器の楕円フーリエ解析
第3章 幾何学的形態測定学による前方後円墳の墳丘形態の定量的解析
第4章 戦争と人類進化―受傷人骨の視点から
第5章 考古学は進化学から何を学んだか
補遺 幾何学的形態測定学とRを使った解析例

著者紹介

中尾央[ナカオヒサシ]
1982年生。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学、京都大学)。現在は山口大学国際総合科学部助教。専門は科学哲学・科学技術社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

文化進化というアプローチは当然に生物進化のアナロジーである。文化の継承とその過程での変異の蓄積という進化的な視点が役に立つのだ。そして考古学という営みもまた、文化進化の対象である。日本考古学が有する膨大なデータを様々な角度から考察し、数理的手法を用いてデータに基づく文化の歴史科学を構築するための基盤を提供する。